名づけで重視することランキング! 3位は「キラキラネームを〇〇」

写真拡大

妊娠・出産は結婚生活のビッグイベントのひとつ。新しい家族が増えるにあたって、さまざまな準備が必要になりますが、なかでもとくに悩むことといえば、やっぱり名前ではないでしょうか。我が子がずっと使い続けるもの、パパ・ママからの最初のプレゼントだからこそ、良い名前を付けてあげたいと思うのが親心。でも、みんなはどんなことを重要視しているのでしょうか?

子どもの名前は字画よりもアレが大切?

そんなパパ・ママの本音を探ろうとしたところ、ベビー&子ども服・ベビー用品のミキハウスが、2017年12月12日〜18日に、「ミキハウス ベビークラブ」会員で、子どもを持つ、または妊娠中の人4286名を対象に行った調査結果を発見。同調査では、「子どもの名前を決める際に、意識したことや気を付けたこと」を質問しており、結果は以下の通りに。

1位:音の響きがよい(59.0%)

2位:字画がよい(57.4%)

3位:キラキラネームを避ける(49.7%)

4位:お子さまの将来像への願いをこめる(44.3%)

5位:読みやすい漢字を使う(41.7%)

6位:文字で書いたときの見た目がよい(34.6%)

7位:他の子どもたちとかぶらない名前にする(23.9%)

8位:女性らしさ、男性らしさを意識した名前にする(23.2%)

9位:日本らしい名前にする(17.6%)

10位:ニックネームをつけやすい(13.8%)

約6割の人が選び1位となったのは、「音の響きがよい」。親はもちろん、子どもが自分自身でも口に出す機会の多い名前は、なによりも声に出したときの“音の響き”が大切なようです。

1位と僅差で2位にランクインしているのは、「字画がよい」。字画については、専門書も数多く発売されていたり、専門家がいたりするので、意識をするのもうなずけますよね。

3位となったのは、「キラキラネームを避ける」。一時、大ブームとなった「キラキラネーム」ですが、近年では「DQNネーム」と揶揄されることもあり、避けられる傾向が強くなっているのかもしれません。

また、キラキラネームに関連していそうなのが、5位の「読みやすい漢字を使う」。普段使用することのない漢字や、無理やりすぎる当て字は、我が子が将来困る可能性大。であれば、最初からつけないのが親心(?)。

みなさんは、お子さんの名前を決めるときに、どんなことを大切にしながら決めましたか?

(文・山手チカコ/考務店)