続く国内バイク市場の低迷 ピークとなった1982年の10分の1に縮小

ざっくり言うと

  • 日本自動車工業会によると、2016年のバイク国内販売数は33万8000台となった
  • ピークの1982年の10分の1に縮小し、国内バイク市場の低迷が続いている
  • 軽自動車や電動アシスト自転車が人気となり、原付きの販売が振るわないため

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング