ニジェール・アガデスで、トラックの荷台に乗ってリビアに向かう移民(2015年6月1日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】西アフリカ・ニジェール北部のサハラ砂漠(Sahara Desert)で、リビアに向かう移民を乗せた車が故障し、飲み水がなくなり少なくとも44人が死亡した。地元当局が1日、発表した。死者には複数の女性と乳児が含まれているという。

 サハラ砂漠の端に位置するアガデス(Agadez)市のリサ・フェルトゥー(Rhissa Feltou)市長は、「砂漠で死亡した移民は今のところ44人」と説明。「軍隊により、6人が砂漠の中心から救出された」と述べた。

 匿名で取材に応じた治安当局筋は「女性や乳幼児を含むサハラ以南出身の移民らは、乗っていた車が故障したため、喉の渇きにより死亡した」と述べている。

 人道支援団体筋によると、救出された6人のうち、5人はガーナ、1人はナイジェリアの出身だった。

 ニジェール中部にあるアガデスは、仕事を求めてリビアやアルジェリアに移住したり、海を渡って欧州を目指したりする移民にとっての主要中継地で、アフリカでも有数の密入国拠点となっている。
【翻訳編集】AFPBB News