8日、米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(中国語電子版)によると、米海軍主催の世界最大規模の多国間海上演習「環太平洋合同演習(リムパック)」で、米軍は参加している中国海軍を「歓迎する」と表明した。写真は真珠湾。

写真拡大

2016年7月8日、米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(中国語電子版)によると、米海軍主催の世界最大規模の多国間海上演習「環太平洋合同演習(リムパック)」で、米軍は参加している中国海軍を「歓迎する」と表明した。

【その他の写真】

リムパックは米ハワイ沖で開催。今回中国官製メディア関係者が大挙取材に訪れており、米軍側はインタビューや取材に応じている。米軍の重要軍事拠点の情報が公開されている状況だ。

これに対し、リムパック開始に合わせてコメントした米太平洋艦隊のスコット・スウィフト司令官は「ここに来てくれた皆さんに感謝したい。特にメディアに感謝したい」と述べた。

リムパックには、日韓を含む26カ国から水上艦艇45隻、潜水艦5隻、航空機200機以上、兵員約2万5000人が参加。米軍は「参加各国間の協力関係を育む特別な機会となる」としている。(翻訳・編集/大宮)