「フランク・ザッパの家」900万ドルで販売中、ドキュメンタリー映画の資金に

写真拡大

1992年12月、52歳で亡くなってから四半世紀。偉大なミュージシャン、フランク・ザッパが遺した膨大な量の音楽とアイデアに、いま注目が集まっている。舞台はKickstarterだ。

SLIDE SHOW 「「フランク・ザッパの家」900万ドルで販売中、ドキュメンタリー映画の資金に」の写真・リンク付きの記事はこちら
002zappa-alex-winter-still

2/6自宅内のスタジオ。PHOTOGRAPH COURTESY OF ZAPPA FAMILY TRUST

003zappa-alex-winter-still

3/6書斎。PHOTOGRAPH COURTESY OF ZAPPA FAMILY TRUST

004zappa-alex-winter-still

4/6自宅内、その他の写真。PHOTOGRAPH COURTESY OF ZAPPA FAMILY TRUST

005zappa-alex-winter-still

5/6リヴィングルームの様子。PHOTOGRAPH COURTESY OF ZAPPA FAMILY TRUST

006zappa-alex-winter-still

6/6ドキュメント映画を手がける監督のアレックス・ウィンター。PHOTOGRAPH COURTESY OF ZAPPAMOVIE.COM

Prev Next

伝説のミュージシャン、フランク・ザッパが遺したアーカイヴがある。「The Vault」として知られるこのアーカイヴには音楽やインタヴュー、ライヴ音源、あるいは8mmや35mmの映像といったお宝が含まれている。

どんなファンでも見たことがないそのアーカイヴを世界で1人だけ、あなたが最初に見られるかもしれない。それには、お値段900万ドルのザッパ邸を、Kickstarterで買えばいいのだ。さらに購入を果たすと、ザッパの生涯を描いたドキュメンタリー『Who the F*@% Is Frank Zappa』に資金を提供することにもなる。

Kickstarterキャンペーンがスタートしたのは、3月8日(米国時間)のことだ。表向きは、最新ドキュメンタリー映画の資金を調達するべく始まっているが、本来の目的は「The Vault」を保存することにある。

監督を務めるのはアレックス・ウィンターで、Napsterを扱ったドキュメンタリー『Downloaded』やダークウェブ・Silk Roadを描いた『Deep Web』を製作している人物だ。本キャンペーンの最低目標は50万ドルで、映画製作とともにアーカイヴをデジタル化するための資金にもなる。それ以上にも、録音物や楽曲リリース、あるいは手紙や写真、その他のアイテムを掲載した大型豪華本の企画もある。

900万ドル全額を支払えば、ハリウッドヒルズにある8,000平方フィートの家が手に入る。「The Vault」のコンテンツは含まれていないが、ザッパのレコーディングスタジオ「Utility Muffin Research Kitchen」はついてくる。The Vaultに含まれる物は博物館や新たなザッパの記録場所に保管される予定だ。

出資者が支払った900万ドルの大半は映画製作に使われるのではなく、家の代金としてザッパの遺族に支払われることになる。

「映画のために自宅までくれとは言えない。だって、彼らの映画でもないわけだから」とウィンター氏は話す。「遺族はとても寛容だしプロジェクトをサポートしてくれてもいる。ただ、そこまで気前がいいなんてことはないだろう? The Vaultに含まれる重要な部分を保存しながら、完全にインデペンデントな状態でドキュメンタリーを完成させるには、残った金額で十分だろう。フランクだって、そうしたかもしれないわけだから」

フランク・ザッパ邸については、冒頭の写真ギャラリーを参照いただきたい。