たとえ遠くても行列必至でも食べる価値アリ! 知る人ぞ知る「茶香」の自家製パンケーキを食べてみた♪

写真拡大

一時の大ブームは過ぎたとはいえ、まだまだ人気の高いパンケーキ。有名店でながーい行列に並んで食べた、なんて経験がある方も少なくないのでは?

今回ご紹介するパンケーキは、都心からやや離れた下町にあるお店のお品。とはいえ、わざわざ電車を乗り継いででも、かつ並んででも、食べに行ってソンはないパンケーキなんですっ!

【行列ができるお店】

北千住の商店街のなかほどにある自家製パンケーキのお店「茶香(ちゃか)」。土日祝日には毎回整理券が配られるほど行列ができるという人気店です。

記者が訪れたのは平日でしたが、開店時にはすでに20人近くの人が並んでいるという状態。整理券をもらった後、入店できたのは約1時間後となりました。

普段は行列に並ばない派なので、実はこの時点でかなりテンションが下がっていた記者。ところが店内に入ってみると、パンケーキを待つ人のワクワク感と、食べている人が発する幸せホルモンでいっぱい!

下がっていた口角を思わずニコッと上げたくなるような雰囲気に、気を取り直して同店の人気メニューの1つ「太陽」(税込1,180円)を選びました。

注文を受けてから作り始めるため時間がかかるそうで、さらに待つこと30分。

ついに目の前に現れたのは、厚みがたっぷりある黄金色のパンケーキ! しかも三段重ねっ! 生クリームとバニラアイス、メープルシロップも添えられています。

まずは何もつけずにプレーンな状態でいただいてみると、一瞬で濃厚なミルクの風味が口いっぱいに充満。まるで牧場でフレッシュなソフトクリームを食べたようなミルキーさ!

ふわっふわの生地は、口にいれるとシュワワワーンと溶けちゃいます〜。

ホカホカのパンケーキに生クリームやアイスをのせていただくと、さらにとろけるような味わいにウットリ……♪

メープルシロップもかけると濃厚な甘さがプラスされて味に変化が出ます。夢中で食べているうちに、あっという間に完食。セットで注文した紅茶も美味しく、しばし余韻に浸りたくなっちゃいました。

美味しいものって、こんなにも人を幸せな気分にするんだな〜、と改めて実感した「茶香」のパンケーキ。

お店の開店時刻は午前11時で、パンケーキがなくなり次第終了とのこと。店内が狭いため大人数で行くのはおススメしませんが、あまりの美味しさに、きっと感動をシェアしたくなるので、ぜひスイーツ好きな友人を誘って足を運んでみてくださいね!

参照:茶香
画像・執筆=沢野ゆうこ(c)Pouch

画像をもっと見る