今冬からドルトムントに所属するアーリング・ハーランドが、移籍当時を振り返った。13日、イギリス紙『マンチェスター・イヴニング・ニュース』がカナダメディア『viaSport』を引用して伝えた。ザルツブルクで強烈なインパクトを残したハーランドの獲得には、モルデ時代の恩師オーレ・グンナー・スールシャール監督率いるマンチェスター・Uも強い関心を示していたが、結局は2000万ユーロ(約24億円)の移籍金でドルトムントへ