韓国メディアの亜洲経済の中国語電子版は14日、世界経済の回復が遅れるなか、韓国の大企業が従業員のストライキなど労使トラブルを抱えていることを指摘し、「製造業の競争力の低下が止まらず、内憂外患の韓国経済に赤信号が灯っている」と報じた。続けて、韓国の大企業の収益が低迷していることを指摘し、2014年の収益性は08年の金融危機以降としては最低の水準に落ち込んだと指摘した。(写真は亜洲経済の14日付報道の画面キャプチャ)サーチナ

韓国経済に「赤信号」の報道…製造業の競争力の低下が止まらず

ざっくり言うと

  • 韓国メディアは14日、「韓国経済に赤信号が灯っている」と報じた
  • 韓国大企業が従業員のストライキなど、労使トラブルを抱えていることを指摘
  • 内外の経済環境が悪化し、製造業の競争力低下が止まらないとの懸念を示した

ランキング