看護師が廃棄予定だったインフルワクチンを自分の子3人に接種 停職処分

ざっくり言うと

  • 29日、大阪市立総合医療センターの看護師が停職3カ月の懲戒処分となった
  • 余って廃棄予定のインフルワクチンを持ち帰り、子ども3人に接種したため
  • 医師の指示がなく、医師法などに抵触する可能性があるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x