神木隆之介 (C)モデルプレス

写真拡大

【モデルプレス=2020/09/18】俳優の神木隆之介が17日に自身のYouTubeチャンネルを更新。自身が演じた中で“最も好きな役”を明かした。

【写真】神木隆之介、佐藤健と服装丸かぶりで赤面

自身の名前で“エゴサーチ”をする企画を行う中で、「“神木隆之介が演じた中で好きな役”ランキング」(モデルプレス調べ)を開いた神木。ファン投票による第1位は「SPEC」シリーズの一十一(通称:ニノマエ)という結果で、「ニノマエっていうキャラクターは強かったんだなあ、やっぱり」とコメント。「まあでも最強ですよね。だって…(指を鳴らす仕草)ってやっただけで(時が)止まるんですよ」と振り返った。

◆「探偵学園Q」続編の願望「山ちゃんもやりたいよねって」


4位のドラマ「探偵学園Q」キュウ(連城究)役については「へぇ〜!」と驚いた様子で「探偵学園Q本当に楽しかったです。またやりたいですし、山ちゃん(山田涼介/Hey!Say!JUMP)もやりたいよねって言ってくれてるし、今やったら面白いことになると思います」「当時我々は14歳とかでしたから若干力不足なところもいっぱいありましたし、今やってみると表現のボキャブラリーや選択肢はそれぞれ広がってきたはず。もっともっと面白く深い作品になっていくんじゃないかな」と続編の願望を語った。

◆本人的ランキング1位は…


また“本人的ランキング”を聞かれると1位に映画『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』の瀬田宗次郎役を選び「殺陣もすごく大好きだし、絶対健くんのこと倒そうと思ってやってたので、それだけが目標でした」「佐藤健を少しでもビビらせることができたら勝ちだと思っていたから」とコメント。2位は映画『君の名は。』の立花瀧役で「新海誠オタクなのでやっぱりそこがすごく幸せでした」、3位は悩みながらドラマ「11人もいる!」の真田一男役、映画『3月のライオン』の桐山零役を同率に選んでいた。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】