日本の人口、過去最大幅の自然減に 1年間の出生数も過去最少

ざっくり言うと

  • 厚労省によると、2019年の1年間の出生数は86万5234人で、過去最少となった
  • 死亡数は138万1098人と戦後最多で、人口の自然増減は50万人以上の減少に
  • これは調査を始めた1899年以来、過去最大の減少幅とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x