菊池桃子

写真拡大

 経済産業省の経済産業政策局長、新原浩朗氏(60)との結婚を電撃発表したタレントの菊池桃子(51)が9日、パーソナリティーを務める文化放送「菊池桃子のライオンミュージックサタデー」(土曜前10・00)に出演。あらためて結婚を生報告した。

 晴れやかな声で「おはようございます。菊池桃子です」とオープニングを迎えると「まずはご報告をさせてください。11月4日大安に9つ年上の男性と入籍しました」と報告。また、お相手の新原氏に関するさまざまな報道がなされたこともあり「ありがたいことに私には若い頃から応援してくださっているファンの方々がいます。今もこの放送を聞いて下さっているかもしれません。いろいろ流れた報道の中にはみなさんを不安にさせるようなものもあったかもしれませんが、優しい人です。安心してください」と呼びかけた。

 「夫は経済産業省に勤めています。正直なところ、この年齢での入籍が思っていたより大きく報道されて2人で驚いています」と菊池。

 新原氏については「夫とは大人になってから学び直しをしたという共通点があるんですね。国家公務員ですがその途中で2度渡米して学んでいます。まずは、ミシガン大学の大学院で。再びハーバード大学で。その後も、今でも日本でも仕事のためならいろんな大学の授業を特別聴講して勉強する、そんな人間です」としつ、多趣味で鉄道とクラシック音楽の造形が深いことも紹介した。

 婚姻届を提出した翌日夜もフィラデルフィア管弦楽団を2人で鑑賞したことも明かしつつ「いろいろなことを教わってきて、このミュージックサタデーでもご披露していきますね。どうか応援して下さい」と語った。