武田修宏が交通事故で体験した死の恐怖を告白「鉄パイプが…」

ざっくり言うと

  • 4日に玉突き事故に巻き込まれた武田修宏が、死の恐怖を告白した
  • 前方のトラックに積まれた鉄パイプが、助手席近くまで迫っていたという
  • 左ハンドルの車に乗っていたら「死んでいたかもしれない」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング