大手YouTuber事務所UUUMは7月23日、同社所属で現在謹慎中のYouTuber・ワタナベマホトさんや他の所属YouTuberの肖像が使用された動画が無断で公開されたとして、企業サイトに抗議文を掲載した。

具体的な動画名は明かされていないが、今月21日付けでヒカルさんとレペゼン地球がマホトさんが出演する動画を投稿していた。これについて同日、ヒカルさんはツイッターで反論した。

「マホト休止後、そちら側から動画を出さないでほしいとの連絡は一切ありませんでした」

両動画とも、レペゼン地球のDJ社長さんとマホトさんがバトルをするというもの。動画内ではUUUM所属のはじめしゃちょー、はなおさんと電話するシーンもあり、その際、2人の写真が使用されている。

23日現在、ヒカルさんが投稿した動画は約217万回、レペゼン地球は約180万回再生されており、収益額も相当とみられる。

UUUMは文書で、「一部チャンネルにおいて、当社専属クリエイター ワタナベマホトと、複数の当社専属クリエイターの肖像が含まれる動画が公開されましたが、ワタナベマホトが活動を休止する前に撮影された素材を使用して制作されたものです」とした上で、

「当社ならびに、ワタナベマホトを含む当社専属クリエイターは、当該動画の公開につき、一切承諾しておりませんので、念のためご報告いたします。当社としましては、当該動画が無断で公開されたことは誠に遺憾であり、厳重に抗議を申し入れてまいります」

と記している。

これにヒカルさんはツイッターで反論。撮影はUUUMのマネージャーが同席する中で行われたとし、「許可もその時にとっています。マホト休止後、そちら側から動画を出さないでほしいとの連絡は一切ありませんでした」と語る。

「こちらからマホトにラインしたのも未読無視で動画公開後に連絡はきましたが動画削除に関してではなかったです」

ヒカルさんは動画作成のために人件費、会場費などを負担しており、「それをなかったことにされるととても大きな損害となります」と訴える。またUUUMが公式サイトに文書を掲載したことについて、

「動画を削除してほしいと僕に直接言ってこずに公の場でこのやり方はすごく怖いなと思いました。こちら側にも非はあるとは思いますがそちらが全く悪くないかのような書き方はどうなのでしょうか?」

と批判した。動画については「マホト本人から削除してほしいと連絡がくれば削除します」「今後公開予定だった動画もマホトが控えてほしいというのであれば公開は控えます」とコメントしている。

なおヒカルさんが21日に投稿した動画の説明欄では、ヒカルさんは「Q.マホトにはこの動画の公開許可取ったんですか? A.もちろん無許可です。俺はヒカルなんで」と記している。レペゼン地球は投稿動画を「※彼が逮捕される前に撮影したものになります」と説明していた。