ひとりでも寂しくない! ここのところ「ぼっち充」が増えている!

写真拡大

SNSが浸透し、毎日毎時間毎秒人と繋がっている感覚があるせいか、最近では「ひとりでいる」ことに寂しさを感じない人がどんどん増えています。恋人がいなくても、友達といなくても、ひとりで楽しめるといった場所も広がっているそう。むしろ「ひとり最高!」「ひとりのほうが楽しい!」という声まであります。
そこでここでは「誰かといるよりもひとりのほうが楽しい!」と、心ゆくまでおひとり様を満喫できるスポットやイベントをご紹介します。

ぼっち飯

「むしろひとりのほうが気をつかわずに済むので楽」(20代男性)

▽ ご飯はみんなで楽しく食べるもの、というイメージがありますが、ひとりでふらりとラーメン屋や牛丼屋に立ち寄る女子も多く、学校や職場でのランチはひとりでとりたいといった声も寄せられました。「人と一緒にランチすると食べるペースに気をつかうから嫌」「休憩時間は自由に使いたい」といったことが理由だそう。「ひとりでランチしながらぼうっと妄想するのが至高!」という人もいるようです。

ぼっち映画

「自分の世界に浸りたいから映画はひとりで観たい」(20代/男性)

▽ デートスポットとしても使われることのある映画ですが、ひとりで観に行きたいと考えている人は多いようです。予告からみたい、エンドロールを最後までみたい、といったこだわりを持つ人にとっては映画はひとりで観に行くのがベストなのかも。観終えたあとの余韻にひたりたいというのが大きな理由かもしれません。

ひとりカラオケ

「好きな歌を好きなだけ歌えるからひとりのほうが楽しい」(20代/男性)

▽ カラオケはみんなでわいわいはしゃぐもの! といったイメージも今ではほとんどありません。相手の曲を聴きつづけたり、あえてみんなが知っているような曲を選んだりするなど何かと気を回すことが多いのも理由のひとつかもしれません。自分のペースで自分の好きな曲を歌う、というのがぼっちカラオケの醍醐味だそう。

ひとり焼肉

・「自分のペースで食べられるのが嬉しい」(30代/女性)
・「好みの焼き加減があるからひとりで食べたい」(30代/男性)

▽ こちらも「ぼっち飯」と同じですが、みんなで食べるもの! といった概念を覆すのが「ひとり焼き肉」。最近ではおひとり様用の焼き肉席まであり、自分のペースでお肉を焼き、好きな量を食べることができることに魅力を感じるそう。

ひとりテーマパーク

「友達と行くと夢から醒めるからひとりがいい」(20代/女性)

▽ 最近ではテーマパークにもひとりで行く人がいるようです。なんでも「夢の国に現実は持ち込みたくないからひとりで浸りたい」のだとか。ここまでいくともう、おひとりさまのプロですね。まわりが大勢で楽しんでいるなか、ひとりでテーマパークへ行くというのは少々ハードルが高いようにも感じますが、一度振り切ってしまえば楽しめるのかもしれません。

ソロウェディング

「はじめて聞いたとき、確かにウェディングドレスって結婚しなくても着れるんだよなと思った」(30代/女性)

▽ 結婚せずともウェディングドレスは着たい! という欲望を叶えたのがソロウェディング。もはや相手を必要としません。自分を満足させることができる、最高の「ぼっち充」かもしれません。