洲本市の5人刺殺事件 凶器のサバイバルナイフの血液が被害者DNAと一致

ざっくり言うと

  • 洲本市の5人刺殺事件で、凶器のサバイバルナイフの血液を県警が鑑定した
  • 複数の被害者のDNA型と一致したことが29日、捜査関係者への取材で分かった
  • 県警は近所の夫婦を殺害したとして、殺人容疑で平野容疑者を再逮捕する方針

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング