朝日新聞本社

写真拡大 (全3枚)

朝日と立憲に親和性!?

 意外かもしれないが、新聞記者出身の政治家は決して少なくない。今の安倍内閣なら、茂木敏充・経済再生相(63)が読売新聞の記者だった過去を持つ。そして、朝日新聞も例外ではない。

 ***

 現職なら、第2次安倍改造内閣で法務相を務めた松島みどり衆議院議員(62)だろう。東大の経済学部を卒業し、朝日新聞に入社。経済部から政治部に進み、自民党幹部の番記者を務めたという。

 元職や故人の政治家はきりがないから割愛するが、大物を挙げるとすると、河野太郎外相(56)の祖父にあたる河野一郎(1898〜1965)、緒方竹虎(1888〜1956)も元朝日新聞の記者だ。更に朝日新聞は首相も輩出している。第79代内閣総理大臣である細川護熙氏(81)だ。

朝日新聞本社

 そして、同じように政治史に名を残そうというのか、朝日新聞、それも政治部の記者が今夏の参院選に出馬するという。政党は立憲民主。当然ながら、ライバル紙も動向に注目しているようだ。政治部記者が明かす。

「出馬の準備を進めているのは山岸一生さんという記者です。都内の名門中高一貫校から東大法学部に進み、2004年に入社しています。年齢は30代後半のはずでしょう。実は、今は削除されてしまったようなのですが、かつては朝日新聞の就職案内サイトにある『社員の1日』に登場していました。それによると高知総局を振りだしに、京都総局を経て東京本社の政治部。それから那覇総局に転じ、再び東京本社の政治部に戻っています。那覇総局が出世コースという全国紙は少なくありません。『社員の1日』では自民党・二階俊博幹事長(80)の番記者である日常が紹介されていましたが、最近は野党担当だったはずです」

立憲民主党公式HP「参院選公認決定者」に掲載された女性一覧【上】

 今のところ最後の署名記事となっているのは5月14日に掲載された「野党、候補者調整を加速 参院選、一本化へ柔軟姿勢 1人区、共産がカギ」だ。

 記事の内容は、参院選を目前にしているが野党候補一本化には共産党がネックになっているとし、立憲民主党と国民民主党の歩調が合っていないことも指摘した内容になっている。

 上記の記事は、1人の政治部記者が書いたものとしては何の問題もない。だが政治家に転身したとなると、物議をかもしそうな署名記事が散見される。

立憲民主党公式HP「参院選公認決定者」に掲載された女性一覧【下】

 まずは3月21日(電子版)の「立憲会派ベテラン、国民若手を勧誘『国民は潰れる』」という署名記事だ。

《立憲民主党会派入りした岡田克也元外相ら旧民進党ベテラン議員が、国民民主党の若手議員の「勧誘」に乗り出した。(略)国民執行部は反発を強めている》という書き出しなのだが、立憲から出馬する記者が執筆した原稿に「国民は潰れる」という見出しがつけられたのだ。

 見出しは別部署が作成するとはいえ、そのエッセンスが記事に含まれているのは言うまでもない。何より、「山岸記者自身が立憲に勧誘されたのではないか?」というツッコミを入れたくなる。

 更に18年10月には「支持率1%、『国民民主は倒産危惧企業』 企業広報の専門家分析」という記事もある。見出し通りの内容で、これも1人の記者が書いたものとしては何の問題もない。

 当時は出馬など全く考えていなかったかもしれない。とはいえ、参院選に立候補するとなると、既に公人と言っていい。過去を不問にするわけにもいかないだろう。立憲民主党にシンパシーを抱いていたからこそ、国民民主を批判する記事を書いたのではないか――と、指摘されても仕方がないだろう。

 何より野党共闘の必要性を指摘しておきながら、その国民民主党を「倒産危惧企業」と書いた。今の立場を考えれば、なかなかの矛盾と言える。晴れて政治家になったら、どのように弁解されるのだろうか。もちろん、しっかりと説明責任を果たしたとしても、“山岸参議院議員”に対し、国民民主の議員は簡単に胸襟を開くわけにはいかないだろう。

「データベースで過去の署名記事を調べてみると、2009年に自民党が下野し谷垣禎一さん(74)が野党の自民党総裁に就任された時、山岸さんは谷垣さんの番記者だったようです。谷垣さんは京都5区が地元でしたが、山岸さんも京都総局に勤務していましたから、その頃から面識があったのかもしれません。いずれにしても、12年に谷垣さんは総裁選の不出馬を決断し、そのインタビュー記事を山岸さんが担当しています。いわゆる自民党のリベラル派にシンパシーを抱いていたのだとすれば、立憲民主党に惹かれた気持ちも理解できなくはないですね」(同・政治部記者)

朝日OBは政治家転進に苦言

 さて、参院選で立憲民主党は女性候補の擁立に力を入れているようだ。同党の公式サイトを利用し、表にまとめてみた。

 同党にとって象徴的なのが、LGBT運動の支援者と、セクハラの被害を受けた過去を持つ候補者だろう。前者なら経済評論家の勝間和代氏(50)の同性配偶者として知られる増原裕子氏(41)が京都選挙区で立候補を予定している。

 後者は、東京都選挙区から出馬を予定している塩村文夏・元都議(40)が都議会でセクハラヤジの被害を受けたことは記憶に新しい。更に比例で出馬予定の佐藤かおり氏(51)の公式サイトには、以下のような記述がある。

《#MeTooムーブメントが始まった時、「これは私のことだ」と思いました。私は、派遣社員として働き、セクハラ被害に遭い、適切な労災の適用を求めて、12年間たたかってきました。国を相手に裁判を3回提起し、すべての訴訟で勝訴判決を勝ち取りました。このたたかいはセクハラ労災の認定基準の見直しに道をひらいたと自負しています》(註:改行を省略した)

 政治部デスクは「今のところ山岸さんは、塩村元都議と同じ東京都選挙区に出馬するようです」と言う。

「東京都選挙区は定数10・改選5でしたが、今回の選挙から定数が1増えて改選が6になります。首都圏で立憲民主党は人気がありますから、知名度のある塩村文夏さんは当選の可能性がかなり高いのです。立憲民主党としては『もう1人いける』と判断し、山岸さんを立候補させたのでしょう。確かに朝日新聞の記者と立憲民主党の党是は親和性が高そうですが、これが果たして都民の有権者にどう判断されるのか、他社の政治部も関心は高いでしょう」

 朝日新聞に【1】立候補に向けた動きを把握しているか? 【2】現時点で記者か、社員か?――の2点について取材を申し込むと、広報部が5月21日、文書で回答を行った。

【1】立候補を予定していると聞いています。
【2】すでに政治部から人材戦略本部付に異動しました。近々退職予定です。

 1964年に朝日新聞に入社し、東京本社経済部長などを歴任し2005年にテレビ朝日の社長に就任した君和田正夫氏(77)は現在、「独立メディア塾」というサイトを運営している。

 君和田氏はテレ朝社長時、丸川珠代・元テレ朝アナウンサー(48)が参院選の出馬を表明した際、社長会見で不快感を示して話題になったことがある。そして、このサイトでも16年8月に「ジャーナリストは政治家へのステップか」と題したコラムをアップしている。文中では鳥越俊太郎(79)の都知事選出馬を否定的に評価し、次のように結んだ。

《自民党の丸川珠代氏がテレビ朝日のアナウンサーから立候補した時のことです。退社の二日前に社長室に挨拶に来ました。彼女の文章力には見るべきものがある、と彼女が部下になる前から評価していました。そうした社員を失うのは残念なことなので、日ごろ気になっていたことを聞いてみました。「メディアと政治の間の距離感をどう考えているか」です。残念ながら明快な返事はありませんでした。

 参院選の長野で当選した杉尾秀哉氏(民進)がTBS、鹿児島県知事になった三反園訓氏はテレ朝の記者でした。仮に目的の頂上が同じであっても、ジャーナリズムと政治は登り口が異なっていると思っています。杉尾、三反園両氏を含め、ジャーナリズムから転身した人たちは異なる登り口があることを忘れないでください。メディアが政治への入り口に使われることがないよう願っています》

 大先輩の指摘に、山岸“記者”は、どう答えるのだろうか。

週刊新潮WEB取材班

2019年5月21日 掲載