日村勇紀

写真拡大 (全2枚)

世論は日村擁護が多数

 日村勇紀(46)、小出恵介(34)、そして狩野英孝(36)と並べれば、勘のいい人は瞬間的に閃くだろう。いずれも写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)が、未成年者との淫行問題を報道。そして残酷なほど、報道後の明暗が分かれた3人でもある。

***

 この3人に、元TOKIOの山口達也(46)と極楽とんぼの山本圭壱(50)を加えて表を作成した。ご覧いただきたい。

 在京キー局関係者が「こうして表で並べてみると世論は、書類送検が行われたか否かを重視している可能性を感じますね」と指摘する。

「山口、小出、山本の3氏は、書類送検はされたものの、起訴とはなりませんでした。にもかかわらず、それまでの人気が一転、まさに奈落の底に突き落とされました。日村さんと同じように、狩野さんも未成年者との淫行問題を『FRIDAY』に報じられましたが、書類送検には至りませんでした。狩野さんは会見で『被害女性の父親も、22歳と年齢を偽っていたことを謝罪した』と釈明しています。これも淫行条例違反容疑を否定する根拠として受け止められ、世論の怒りを緩和させたと思います。日村さんに至っては、16年前の話はあまりにも古すぎました。記事中に時効成立が明記されているほどです。絶対に書類送検されないわけですから、これがスクープ不発の原因だったのではないでしょうか」

日村勇紀

 日村の場合は、運も味方したようだ。淫行問題が報じられた「FRIDAY」が発売された翌日の22日、TBSで「キングオブコント2018」が放送された。本編は午後6時55分からの生放送。日村は審査員としての出演が発表されていた。

淫行問題が報道された主な芸能人

「『FRIDAY』の報道直後は、さすがに審査員辞退説も飛び交いました。NHKは9月24日放送予定の、バナナマンの不定期出演番組『バナナマンの爆笑ドラゴン』の放送延期を発表。報道との関係は現在でも不明ですが、相当数のメディアが記事にしました。所属事務所のホリプロコムは出演継続の意向を表明していたとはいえ、世論の動きによってはキー局が事務所に出演自粛を求めてもおかしくない状況だったと思います。ところが、特にネット上では擁護論が多く、『キングオブコントの審査委員長、松本人志さんにイジられてほしい』とネタ化を希望する意見も出ていました」(同・在京キー局関係者)

ダウンタウンの2人に助けられた日村

 世論が奇妙な期待で待ち受ける中、生放送は始まった。そして視聴者の願いは、番組の冒頭でいきなり実現する。司会の浜田雅功(55)が審査委員長としての発言を松本人志(55)に求めると、以下のように口火を切ったのだ。

「すごい変な緊張感が……、あのー、特に今年は、また違う緊張感があるのは、もしかしたら日村さんがいるからかも」

 たちまち場内は爆笑。カメラが日村をアップにすると、立ち上がりながら「本当に皆さん、お騒がせして申し訳ありません」と謝罪した。

 イジりはさらに続き、浜田も参加する。松本の横には、さまぁ〜ずの2人が座っている。そこで浜田はまず、大竹一樹(50)と三村マサカズ(51)の2人に抱負コメントを求めた。共にそつなく想いを披露すると、その隣には日村。ところが浜田は日村を飛ばして「設楽さんどうですか?」と先に相方に振ってしまう。

 すかさず「おいっ!」と松本がツッコミを入れ、会場はさらに爆笑。三村も立ち上がる中、設楽統(45)も「やっぱりね、僕ですよね」とマイクを握る。そして「しっかり審査する目線と、温かく見守る目線と、相方も温かく見守っていきたいと思います」と綺麗にまとめた。

 浜田は「それでは参りましょうか」と、さらに日村を無視。松本が「まずは日村の点数から、みんなで(採点しましょう)」とボケを重ねる。会場からは笑い声だけでなく拍手も起こり、ここで初めて浜田が日村に「しっかり採点してくださいよ!」と笑顔で注文。日村も「もちろんです。一生懸命頑張ります」と平身低頭で応じ、これで“通過儀礼”は無事に終了した。

「『FRIDAY』が続報を用意していれば、展開は全く変わりますが、今のところ“これで禊ぎは済んだ”というのが、テレビ局・芸能界の受け止めだと思います。スポンサー企業の方々も、同じ考えではないでしょうか。むしろ今は『キングオブコント2018』の視聴率に関心が移りつつあります。“淫行特需”で数字が増えていたら、日村さんには追い風になるはずです。それにしても、改めてダウンタウンの2人の実力を思い知った気がします。絶妙なイジりだったとしか言いようがありません。日村さんは一生、頭が上がらないでしょう」(同・民放キー局関係者)

 とりあえずは“危機管理”に成功したようだ。

週刊新潮WEB取材班

2018年9月24日 掲載