撮影現場では仲がいいゆえに、けんかも(写真/時事通信フォト)

写真拡大

 芸能界、とくにドラマのキャスティングには共演タブーのNGリストが存在する。「キャラかぶり」や「ライバル関係」「不仲」などさまざまな理由があるがいちばん多いといわれるのは「元恋人」だという。

 そのタブーが破られたと最近話題なのが、綾瀬はるか(33才)と佐藤健(29才)の共演だ。

『義母と娘のブルース』(TBS系)は今期、最も視聴率の高いドラマだ。綾瀬演じる真面目すぎるスーパーキャリアウーマンが竹野内豊(47才)演じるシングルファーザーと結婚。義理の娘の子育てに奮闘するストーリーだが、今後深くかかわってくる男性が、佐藤演じる謎のフーテン男だ。

「ドラマの原作から想像すると、佐藤さんが始めるパン屋で綾瀬さんがパートとして働くという展開。恋仲になる可能性もあるといいますが、よくこの役を引き受けたなと思いますよ」(テレビ局関係者)

 というのも、綾瀬と佐藤は2013年に映画『リアル〜完全なる首長竜の日〜』で共演。その際、一部週刊誌で交際が報じられたことがあるからだ。

「撮影中にけんかしたことがきっかけで急接近。綾瀬が4才年下の佐藤をたけちゃんと呼べば、佐藤は綾瀬にため口で、完全に恋人モードだという話でした」(芸能関係者)

 当時『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した2人は、あまりの仲のよさに司会の上田晋也(48才)から「どう? 2人がつきあうのは?」と水を向けられたほど。

「でも、それ以降不自然なほど共演ナシ。NGリスト入りしたといわれていましたが、5年もたって解禁されたんでしょうか」(前出・芸能関係者)

“共演解禁”となった2人は、7月6日放送の『ぴったんこカン・カン』(TBS系)に揃って出演。ブランクを感じさせないどころか驚くほどの仲のよさを見せた。おそろいのスニーカーを履いて登場、綾瀬の靴紐がほどけると、佐藤がさっと膝を突き、紐を結び直す。テンションが上がった綾瀬がおもわず「たけちゃん」と呼んでしまう場面もあった。

 収録現場での2人の様子をドラマ関係者が語る。

「佐藤さんが綾瀬さんに“人の話を聞いてないなぁ”また“ボーッとして”“この意味わかる?”など笑いながらいじると、綾瀬さんが、“(佐藤のことが)嫌いかも…”とプーッとふくれて佐藤さんが笑う。溶けちゃうというか、甘いというか、いい雰囲気ですよ」

 ストーリー以上に2人の楽屋が気になる──。

※女性セブン2018年8月23・30日号