ユニクロのエアリズムの長所と欠点は?着用感をレビュー

写真拡大

 某有名アパレルショップ店員のkusumaです。

 今年の夏は異常気象と言われるほどの猛暑が続いております。そんな時は服を着るのも億劫に。いかに快適に過ごせるかが肝となってきます。

 そこで注目したいのが、ユニクロのエアリズム。「快適!」という声が多いんです。

◆エアリズムは速乾性がスゴい
 まず、エアリズムは何がいいかというと、その速乾性。特に今年の夏は、外に出た途端汗が止まらないほどの暑さ。汗をかいてもその汗が残っていては不快な気持ちが続きますよね。
 インナーにはコットン100%の製品が多いですが、コットンは吸収性には優れながらも乾きが遅く、冷房が効いた部屋に入ると汗で湿った服が冷えて寒くなってしまうことも……。
 その点、エアリズムは速乾性に優れているため、コットン100%の製品に比べて乾きが格段に速いです。洗濯をしてもすぐに乾くので、忙しい人の強い味方なんです。

 だから、肌着としてはピカイチ。だけど、注意したい点も……。

◆タンクトップとキャミソールはサイズ感に注意
 エアリズムの中でもインナーとして活躍してくれる「エアリズムタンクトップ」と「エアリズムキャミソール」。機能性は申し分ないのですが、「エアリズムタンクトップ」は首のラインを広めにとってあるので、普段Sサイズを着る人はXSサイズを買ったとしても首が広すぎます。なので、胸の開きが多い服のインナーとして着ると、胸元が見えすぎてしまい使いづらいです。

 また、脇まわりも開きが広いため、ノンスリーブなど袖のないトップスを着た時にブラジャーが見えてしまいがち。「エアリズムキャミソール」も肩ヒモにアジャスターがなく調節ができないので、どちらも普段のサイズより1〜2サイズ下を選ぶことをおすすめします。

◆ショーツはお尻への食い込みが気になる…
「エアリズムウルトラシームレスショーツ(ヒップハンガー)」は、ボトムスに下着のラインが響かないのはうれしいのですが、穿いていると、ブルマのようにショーツがお尻に食い込む、食い込む!
 ゴムの締め付け感もなく、素材感も夏にはストレスフリーなのですが……その点だけが残念です。

◆おすすめは着痩せレギンス!
「エアリズムアンクルレギンスパンツ」は何度洗濯してもへたらず、足へのフィット感が抜群。そのフィット感が足首をキュッと細く見せてくれるだけでなく、着圧効果も少し含まれているので脚全体を立体的に、そして普段の自分の足より細く見せてくれるのです。

 特に、デザイン性の高い「SPRZ NY」シリーズはトレーニングやフェスにおすすめ! ジムのインストラクターさんが穿いているのもけっこう見かけます。

====

 快適な素材ですが、シルエットが合わない人も多いのがエアリズムシリーズ。自分なりに使うシーンに合わせて、肌着や見せるインナーとのメリハリをつけるとこの夏の強い味方となってくれるでしょう!

<文/kusuma>
【kusuma】
某有名アパレルショップ店員。女性の体形カバーを意識したコーディネートを提案。現在、食やダイエットについて学びながら、内面からの美のサポートも目指している。instagram:@KUSUMA1116