TBSの宇垣美里アナウンサー

写真拡大

 TBSの宇垣美里アナウンサー(27)が、13日放送のTBS「有田哲平の夢なら醒めないで」(火曜深夜0・01)に出演。ネットに投稿される自身への否定的な意見について語った。

 この日の放送は「世間に誤解されスネてる女SP」。宇垣アナは自身が抱かれているイメージについて「ぶりっ子、あざとそう、男好きそう、わがままそう、性格悪そう、キツそう、とかですかね」と列挙。「暇さえあればエゴサーチ」していることを明かした。

 ネットでの批判については「ぶりっ子している瞬間だけを切り取る職人がいる」と誤解を指摘。年代別のピースサインの違いを説明するためにカメラ目線でピースした姿も切り取られ、“ぶりっ子画像”として拡散されたといい、「どの目線でそこだけ切り取るの。何様なの?」と怒りを爆発させた。

 宇垣アナの趣味であるアニメに対しても「どうせ元カレの影響」と批判的な意見が。「逆に全ての趣味は彼氏か彼女からの影響を受けとるんか。自分の好きなもんくらい自分で選ぶわ」と言葉に怒りを込めていた。