イチロー杯争奪戦表彰式に出席したイチロー=愛知県豊山町

写真拡大

 米大リーグ・マーリンズからFAになっているイチロー外野手(44)が23日、故郷の愛知県豊山町で「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」の閉会式に出席。自身の日本球界復帰の可能性について「可能性という言葉を使えば…ゼロじゃない限り可能性はあります」と言葉に窮した。自身の現状については「ペットショップに売れ残った大きな犬」と自虐的に表現した。

 争奪戦を勝ち抜いた上位3チームを前にしての大会長・イチローからのあいさつは、大会の恒例行事。この日は珍しく、イチロー自ら、選手たちに質問を求めた。

 すると元気に挙手した選手から「日本球界復帰の可能性はありますか?」とド直球の質問が。

 これには、イチローものけぞり「メディアがいますから。ややこしいこと聞くね〜」とうろたえたが、あとには引けない。

 「言葉は難しいし、便利で…可能性という言葉を使えば、両方あります。これは僕の逃げの言葉。可能性っていろんなことに使えるから、ゼロじゃない限りは可能性はあります…ややこしいなあ」と言葉を濁し、完全否定することはなかった。

 現在の自分について「ペットショップに売れ残った大きな犬みたいな感じ」と自虐的に表現し、「アメリカっていう国は、44歳っていうのが何かひっかかるらしいのね。44歳のおじさんはどーなのっていう」と本音もポロリ。メジャーでプレーしていく自信を持ちながらも、年齢という大きな壁が立ちはだかっていることへの不満をもらした。

 メジャー17年目の今季、イチローはシーズン代打安打のメジャー記録にあと1本と迫る27安打を放ち、存在感を発揮したが、先発出場の機会に恵まれず、自己最少の50安打、打率.255の成績に終わった。