ホリエモンが、炎上して同じようなことを何度も説明するワケとは…?

写真拡大

ツイッターで波紋を呼んだ「保育士の給料」に対する“ホリエモン”こと堀江貴文氏の発言。

『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏と、前編に続きこの発言の真意について語る!

* * *

ひろ 保育士って大変な仕事ですけど、それと実際の給料は別ですからね。例えば、ソーシャルゲーム業界の従業員が30%ぐらい突然辞めても、社会はまったく困らないですけど、消防士とか警察官が30%辞めると、かなり困りますよね。

ホリ だいぶ困るよね。

ひろ んで、ソシャゲー業界では、20代で年収1千万円もらう人とか割といますけど、20代の消防士や警察官で年収1千万円ってほとんどいないんじゃないですか。んじゃ、いなくなると困る仕事だから、20代の消防士や警察官の年収をみんな1千万円にできるかというと難しいですよね。それをやったら社会が回らなくなっちゃいます。

ホリ それは、そういう仕組みでやっているからね。

ひろ ソシャゲー業界の給料が高いのは、お金を払う人がいるからです。需要があるから給料を高くしても回るわけですけど、警察や消防署のサービスに対して、僕たちは直接お金を払わないじゃないですか。なので、給料の増やしようがないわけです。

ホリ 俺はそういうことを言いたかったんだけど、人の話を聞く前に感情的に、しかもヒステリック気味に反応しちゃう人が多いんだよね。

ひろ それにしても、堀江さんって理解されないことをわかっていてツイートしたりしますよね。今回も感情的に反論する人がいることは、あらかじめわかっていたんじゃないですか?

ホリ まあなんとなくわかるけど、そんなことごちゃごちゃ考えたりしないよ。

ひろ それに、事実であっても納得しない言葉ってあるじゃないすか。例えば、「ブサイクだと人生が大変」とかって、みんな思っていてもやっぱり言うといやがられる。でも、堀江さんはそういうのを言っちゃう。で、炎上して同じようなことを何度も説明する。それって、めんどくさくないすか?

ホリ めんどくさいよ。だけど、しつこく説明する以外の方法を知らないから。

ひろ 例えば、面倒な話題には触れないという日本人らしい対応の仕方もあるような…。

ホリ 別に、社会問題を解決したいと思わないならそういう対応もあると思うけどね。

ひろ 高齢者たちにいくら「年金は崩壊するよ!」と言っても解決しないし、社会に対して何か言うのを諦めようとか思わないんですか?

ホリ 俺はそうでもないね。

ひろ ぶっちゃけ、堀江さんが言ったことで、何かよくなったものってあります?

ホリ 例えば、ベーシックインカムとかは少しずつ認知されてきてると思うよ。

ひろ 確かに、ベーシックインカムは浸透してきていますよね。総選挙でも希望の党が公約にしましたし。

ホリ そそ。言い続けてると、ある瞬間にブレイクすることがあるからね。それがいつなのかはわからないけど。でも、だからこそ言い続けるしかないの。これからも俺はこのスタンスを変えないつもり。

ひろ ってことは、今後も炎上が続くってことですね(笑)。

(構成/杉原光徳 加藤純平 イラスト/西アズナブル)

●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)

1972年10月29日生まれ、福岡県出身。旧ライブドア社長。SNS株式会社オーナー兼従業員。『やっぱりヘンだよね』(集英社)が好評発売中

●西村博之(にしむら・ひろゆき)

1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる』管理人。近著は『無敵の思考―誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21』(大和書房)