出川哲朗

写真拡大

5日放送の「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」(テレビ東京系)で、出川哲朗が、67年の営業を終える薬局で店主に粋な計らいをした。

番組では、出川が電動バイクで北海道・富良野から小樽を目指す旅の模様を放送した。道中、何気なく通りかかった薬局「フタバ薬品」が、ロケ当日の6月30日に閉店だということを発見する。たまたま外に店主の娘もおり、話を聞いた出川は「67年も!? ちょっと買いますよ!」と薬局の中に入っていった。

出川は男性店主に「今日で閉めちゃうんすか? ホントに、うわっ残念!」と話しかける。薬局の歴史などについて、ひと通り説明を聞いた出川は「やあやあ、スンゴ〜い。お父さん、長い間お疲れ様でした!」と労いの言葉をかけて抱擁を交わす。

また、訪れた時間が閉店間際の午後6時近くだったこともあり、出川は「ひょっとしたら僕たちが最後のお客さんになれるかもしれない?」「よし、じゃあ6時に閉めましょうか!」と冗談も交えながら商品を購入。その後、いよいよシャッターを閉めることになり店前で記念撮影をした。

外には地元の人々がたくさん駆けつけてきたこともあり、出川は「67年間頑張った薬屋さんが今日閉店でございます〜!」「お父さんお疲れ様でした〜!!」と挨拶。続けて、「お父さん万歳!」と万歳三唱で締めると、店主は嗚咽しながら涙を拭っていた。

【関連記事】
出川哲朗が明かすリアクション芸人としてのルーツ…罰ゲームでジェットコースター
出川哲朗が結婚式のスピーチ中に浴びたひどいコール「出川帰れ!」
出川哲朗 ロケで声を枯らしたまま生放送に出演し中居正広から冷やかし