今秋に発表されるiPhoneは3種類あると噂されており、それぞれの名前についても噂が出ています。なかでも諸説あるのが「iPhone 8」です。

2017年秋に発表される3つの新型iPhone

1つはiPhone 8、残る2つが「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」です。

iPhone 8はまったく新しいデザインになると考えられています。
【解説】iPhone 8に浮上した2つのデザインの噂

iPhone 7sとiPhone 7s Plusは、『iPhone 7』と『iPhone 7 Plus』のアップグレード版と噂されています。デザインに大きな変更はないとも言われていますが、iPhone 8よりも噂が少なく、不明な点も多いです。

iPhone 8以外の名前も噂される

おもに「iPhone 8」と呼ばれる新型iPhoneには、別の名前も浮上しています。

iPhone PlusiPhone X:初代iPhoneから10周年で「X」?iPhone ProiPhone Edition:最上級モデルの意味? Apple Watchの最上級モデルは「Edition」という名前が付いているiPhone Decade Edition:Decadeは「10年」という意味の単語

なぜ「iPhone 8」なのか

これまでの命名パターンからすると、iPhone 7の翌年に発売されるモデルは「iPhone 7s」になるはずです。

しかし今年は3機種が発表され、そのうちの2機種はiPhone 7/7 Plusの後継型です。したがってそれらに「7s」を付け、新デザインを採用するモデルは「8」とする可能性がある、と考えられているようです。

「iPhone+数字」から脱却するのか?

『12.9インチiPad Pro』は、プロセッサや画面などを更新したモデルが今年発売されましたが、これまでのiPadのように数字が付いて「iPad Pro 2」にはなりませんでした。

新たに『iPad』という名前で安価なモデルも発売しました。

iMacやMacBookなどにも数字は付かず、それぞれの製品名の後ろに「(2017)」や「(Early 2016)」といった発売時期が付いています。

もしかすると、iPhoneも数字付きの名前からはそろそろ脱却するかもしれません。

とはいえ、数字が付いていない製品名は分かりづらいという難点もあります。

2011年の『iPad 2』に続き、2012年には新モデルが『新しいiPad』という名前で発表されましたが、現在では第3世代iPadと呼ばれています。

前述のiPadも、初代iPadと区別が付かないので第5世代iPadとも呼ばれています。

参考

Source: A “Sense Of Panic” At Apple As The Next Flagship iPhone’s Software Problems Persist - Fast CompanyAccessory vendor says iPhone 8 will be called "Decade Edition" - iDownloadBlog