アイドルグループ・でんぱ組.inc最上もがが7月3日、4日の両日、自身や自身の所属するでんぱ組.incのメンバーに対して執拗に行われる誹謗中傷についての“怒りの声”をツイート。その内容がネット上のアイドルファンの間で大きな注目を集めている。

 これは7月3日、4日の両日、最上が自身の公式twitterに投稿したもので、この中で彼女は、まず「ファンの方やアンチやその他のよくわからん人に不仲とか言われるけど、寄せ集めグループではじめから仲良い人達っているのですか?ほぼ5年、ほとんど一緒の時間を過ごして、苦悩を共にしていざこざがあっても、少なくともぼくはあなたたちよりメンバーのことよーく知ってるし大好きですよ。今も昔も。」「自分が全部正しいなんて思ってないし、間違ったこともしてしまった。何か衝突があったらお互い謝って解決したり、直さなきゃと思って必死になりました。傷つき傷つけられ、なんで言っちゃったんだろうって思う。そして、揚げ足取るのはいつも知り合いでもない無関係なファンもどきの人。」と、主にネット上などで誹謗中傷されることについて語り始めると、「メンバーのこと、そんじょそこらのよーわからんやつに悪口とか批判されるのが一番腹立つよ。みんなは誰とも喧嘩しないの?わかり合おうともしないのですか?それを一方的に誰かのせいにして責めるのはさぞ、楽でしょうが、傷つく人がいることを忘れないで欲しいです。誰かだけが悪いことなんてないよ。」と、“ファンもどき”の人々から寄せられるメンバーバッシングについて怒りを炸裂。

 「叱るって行為は、無関心だったらしない。人間はみんな完璧じゃないから、欠けてる部分を補いながら生きていくものだと思っている。でんぱ組はまさにそうだったと思う。良いところも悪いところも、全て。それを外野があれこれ批判するくらいならあなたたちも一生懸命に生きてみたら変わると思います。」と、彼らの中傷に対する自らの見解をコメント、瞬く間にネット上のアイドルファンの間で、大きな注目を集めることとなった。

 最上といえば、去る6月23日に、「しばらくSNSを休止します」と、SNS上での活動を休止する発表を行っていたが、そうした中で突如として飛び出した今回の“怒りツイート”に、ネット上のユーザーからは「6人で補いながら活動してるからこそ、ここまで凄い人たちになったんだなと思います 完璧な人間っていないけど、1番完璧に近い人間はあなたたち6人だと僕は思います」「一生懸命にアイドルをやったからこそ今のもがちゃんがいる…そんなもがちゃんを私は心から応援するよ」「もっと言ったれ、世の中言ってやんなきゃわからん人多いから」「言いたい気持ちもあるだろうけど敵を刺激するのはこのへんで止めにしましょう!」と、様々な声が寄せられることとなった。