世界一にもっとも近い男に必要なのは何なのか

写真拡大

 松山英樹(25)のマスターズ制覇は、まだ遠かった。ニュースで繰り返し流れたのは、オーガスタの高速グリーンに苦しむ姿だった。松山自身、「応急処置できるレベルじゃない」と振り返ったように、4日間で3パット7が響き、首位と8打差の11位に終わった。

「3日目の最終ホールではバーディ狙いのファーストパットが1メートル以上オーバーし、2パット目がカップに蹴られると、50センチのボギーパットも決まらず4パット。最終日がベストスコアの67だっただけに、悔やまれる場面でした」(スポーツ紙のゴルフ担当記者)

“敗因はパット”という印象を強く残したが、NHKの米ツアー解説でおなじみの沼沢聖一プロは「むしろ松山が得意としてきたショットに原因があるのでは」と分析する。

「松山のショットはバックスイングから切り返しの瞬間、トップでひと呼吸を置いてからクラブを振り下ろしますが、今回はそのひと呼吸が微妙に長かったり短かったりした。特にトップのためが短い時は、本来の軌道より外側からヘッドが入り、ショットが左右にバラけていた。得意のショットがブレた分、いつもより長い距離が残るパットに負担がかかってしまった」

 昨年10月から今年2月にかけて9戦5勝と絶好調だっただけに、日本人初のメジャー制覇が期待されたが、2月の「フェニックスオープン」を2連覇して以降、予選落ちも経験するなど調子を崩していた。沼沢氏が指摘するフォームの微妙なズレもその一因だったようだ。マスターズ前に修正する術はなかったのか。ゴルフジャーナリストの菅野徳雄氏はいう。

「松山を含めた日本人プロはほとんど専属コーチをつけない。そこに修正が遅れる原因がありそうです。本人のゴルフを知り尽くし、誤差を修正してくれるコーチが必要ではないか。

 メジャーで勝つ海外のプロにはコーチ、トレーナー、栄養士、メンタルトレーナーという4人セットの“外部の知恵”を導入している選手が多い。松山は大学出身で、かつて日本のプロにあった師弟関係とも無縁で、相談できる相手が少ない。より己を知り、世界を制すには、専属コーチを置くべきです」

 世界一に最も近い日本人ゴルファーが松山である事実は揺るがない。頂点までのあと少しの距離を埋める工夫に日本中が期待を寄せている。

※週刊ポスト2017年4月28日号