21日、韓国大統領を罷免された朴槿恵氏が被疑者として検察に出頭するため9日ぶりに自宅を出たが、この時の朴氏の独り言がカメラに捉えられ注目を集めている。写真は朴槿恵氏の検察出頭を伝える中国の報道。

写真拡大

2017年3月21日、憲法裁判所の決定により韓国大統領を罷免された朴槿恵(パク・クネ)氏が被疑者として検察に初めて出頭した。韓国メディアはもちろん日本や中国などの報道各社も出頭の様子を生中継や速報を交えて伝えたが、この中で9日ぶりに家を出た朴氏の独り言がカメラに捉えられ、注目を集めている。

「運命の日」を迎えた朴槿恵氏の動向を詳細に伝えた韓国・毎日経済の報道によると、朴氏の自宅1階は普段より早い午前4時30分ごろに明かりがついた。7時には朴氏のヘアセットを担当する専属美容師が到着、9時15分ごろには私邸車庫から黒色のリムジンが出庫し、朴氏が玄関前に姿を見せた。今月10日に弾劾妥当の判決を受け12日に私邸に移って以降、初めての「外出」となった。

自宅前で出発を待ち受けた支持者らに向け何か発言があるのではとの予想もあったが、朴氏はやや笑みを浮かべたまま無言で車に乗り込んだ。ただこの時、「まあ、ずいぶんとたくさんいらしたのね」と、これまで自宅前で繰り広げられた支持者らによる騒動をまったく知らなかったかのように独り言を漏らしたという。

後部座席に朴氏を乗せた車は前後を警護車両に守られ自宅を出発、周辺で韓国国旗を振り「大統領、頑張ってください」などと声を掛ける支持者らに向かって、朴氏は車内から手を振って答えた。

朴氏の独り言を知った韓国のネットユーザーらは、「たくさん来てくれて、もしかして喜んでる?」「ファンクラブかよ」「見たいものだけ見て聞きたいことだけ聞く。あとは知らんぷり」「(朴氏を罷免に追い込んだ)ろうそくの数は見えなかったみたいだね」「それで『たくさん』なら、ろうそく集会を見たら気絶するぜ」「まったく。ご近所に迷惑を掛けていることを考えもしないのか?」など、これを批判するコメントを数多く寄せている。

また、「これまで大統領府では王族として暮らしてたんだな。北朝鮮のことを言えないよ」「いまだにお姫様気取りか」「ここまで来て状況把握ができてないとは、笑える」と厳しい声も多数。さらに「金をもらってるんだから、そりゃ来るに決まってるでしょ」と、支持者らが金銭を受け取って私邸前に集まっているとするコメントも多くの共感を得た。(翻訳・編集/吉金)