21日、韓国の首都ソウルの大気汚染物質濃度が世界2位のひどい記録であることが分かった。写真はソウル。

写真拡大

2017年3月21日、韓国の首都ソウルの大気汚染物質濃度が世界2位のひどい記録であることが分かった。韓国・聯合ニュースが伝えた。

世界各地における大気汚染の実態を監視する多国籍コミュニティー・エアビジュアル(AirVisual)によると、21日午前7時の時点で、ソウルの空気品質指数(AQI)は179と、世界の主要都市のうちインド・ニューデリーの187に次いで2番目にひどいことが明らかになった。以下、インド・コルカタとパキスタン・ラホールが170で3位、中国・成都が169で5位、中国・北京が160で6位、コソボの首都プリシュティナが157で7位と続き、韓国ではソウルに近く国際空港のある仁川(インチョン)も139で8位を記録した。

AQIは大気中のPM2.5、PM10、一酸化炭素、二酸化窒素、二酸化硫黄、煤煙などの汚染物質の量を総合して算出するもので、その数値が高いほど大気汚染が激しい。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「中国のせいでこんなことに…」「中国政府を相手に訴訟をしよう。これ以上我慢できない。高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備も急ごう」と中国を非難するコメントがある一方で、「中国のせいじゃない。アメリカ航空宇宙局(NASA)からは、韓国の自動車と、西海岸に沿って建てられた火力発電所が問題だという指摘も出ている」「中国からのPM2.5が20%、韓国からのが80%っていう世界保健機関(WHO)の結果もある」「他人のせいにする前に、マスクをした方がいい」と自国の問題を指摘するコメントが寄せられるなど、コメントの多さから人々の関心の高さがうかがえる。

その他にも、「どうやって暮らしたらいいの?」「本当に喉は痛いし鼻水もひどい」「自分はさておき、子どもたちに悪影響があるんじゃないかと心配」と訴えるコメント、「環境負担金を取ってるくせに、政府は何してるんだ?」「一体そのお金をどこに使っているんだか」と国を非難するコメント、「昨日、環境部のホームページに請願書を申請してみた」「次期大統領様、どうか大気汚染問題をなんとかしてください」と国や大統領に対策を求めるコメントなども寄せられた。(翻訳・編集/松村)