美保純

写真拡大

15日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、女優の美保純が、「ある宗教」に悩まされた過去を明かした。

番組では「夕刊ベスト8」のコーナーで「出家騒動 泥沼化」と題し、清水富美加の出家引退騒動の続報を報じた夕刊フジの記事を紹介した。

レギュラーコメンテーターの美保は、清水について「悩んでいたのは確実ですよね」「仕事自体にクエスチョンだったっていうのは、すごく感じていて」と印象を語った。それだけに今回の騒動で「お休みができているっていうのはすごくいい」と、現状が清水本人にとっていいことだとした。

そんな美保は、自身も宗教に悩まされた過去があるようだ。美保が過去に所属していた事務所では、社長夫妻含めスタッフ全員が「ある宗教」に入信していた、というのだ。この告白にはスタジオでどよめきが起きる。

美保は、事務所関係者に悩みを話せば宗教に勧誘されると危惧。悩みを打ち明ける相手を求め、自己開発セミナーに通っていたことを明かした。

レギュラーコメンテーターで医師のおおたわ史絵氏は、この告白で美保に宗教団体からの勧誘が集まることを心配する。断ったほうがいいとアドバイスすると、美保は即答で「やんない」と明言していた。

【関連記事】
美川憲一 出家引退騒動の清水富美加に「許せない」とピシャリ
北斗晶 清水富美加が「これから一番やっちゃいけないこと」を指摘
清水富美加・父親の借金報道を幸福の科学が否定「そのような事実はない」