iine

写真拡大

「働きやすい職場」「いい職場」かどうかって、「仕事内容」もそうですが、「人間関係」がかなり大きい割合を占めるもの。
特に、いい上司か、正直そうじゃない上司かは、かなり大きい要素です。

上司
素敵な上司がいてくれたら、どんなにきつくても頑張ろうと思えるし、その逆もまたしかり。
「部下がうまく働いてくれない」って、それはもしかしたら、上司が部下の本当の力を引き出せていないだけかも。

そこで、Woman Insight編集部が、働く20〜30代女性に調査した「いい上司と思う人の特徴」をまとめてみました。

【1】相談しやすい

「ダメな上司は、なんで確認しなかったんだ、と、そんなこと自分で決めろ、のコンボを決めがち。この人素敵だなと思う上司は、常に相談ウェルカム」

「忙しいときに話しかけてもちゃんと丁寧に対応してくれる上司がいると、神だなと思います」

もちろん、一度言われたことは一度できっちり覚えたり、相談せずとも結果を出してくれる……そんな部下がいればそれに越したことはありませんが、そんな完璧部下はなかなかいません。
部下の相談を突っぱねず、親身になって話を聞いてくれる。そんな上司がいたら、できないこともできるような気がして、頑張ろうって思えますよね。

【2】叱るのがうまい

「人前で怒らない。たまにあてつけや見せしめのように怒っている人を見ると、それはその人のやり方かもしれないけど、ないなーと思う」

「感情的に怒ったりしないで、指摘するときも何が悪かったのかだけ言ってくれる。ダメな上司はだいたい怒ることが目的になって、よくわかんない人格否定までしてくる」

「こういうところはいいけれど、こういうところは直したほうがいいかもしれないね、と、褒めつつ指摘してくれる上司。素直に受け入れられるし、ありがたい」

新人であればあるほど、ずっとノーミスでい続けて、トラブルを一切起こさない……なんてことがあればむしろ奇跡。何か怒るべきことや指摘すべきことが起きるほうが自然ですが、そのときの「叱り方」が上手な上司がいたら、とてもありがたいもの。
怒り方が下手な上司がいると、その人の機嫌を取らねば、怒られないようにせねばと、部下たちは縮こまってしまいます。

【3】休みをとるのがうまい

「前々からいつ休みだから、と告知して、さらっと有休を取っている。なので部下の私たちも休みやすい」

「仕事も早いし帰るのも早い。いつまでも残っていると早く帰れよと言ってくれる」

もしかしたら「仕事だけ」の人生がよかった時代もあるかもしれないけれど、今はきっとそうじゃない。「仕事だけ」じゃない人生を送っている上司はとても素敵ですし、自然と視野も広がるもの。そして、自分だけでなく、部下にも休みを取りやすいような空気を作ってくれる上司がいたら、ストレスフリーな職場になりますよね。

【4】やる気を出させるのがうまい

「仕事を任せてくれて、でもちゃんとサポートしてくれる」

「え、そんなことで褒めてくれるの? というくらい、めちゃくちゃ見てくれていて、ツボをついて褒めてくれる上司がいた。その人にできると言われると実際できるような気がして、できないこともわりとできた。言霊って大事だなと思います」

「得意分野を伸ばそうとしてくれる」

きちんと褒めてくれたり、自分でなんでもやろうとしないで任せてくれたり、でもサポートしてくれたり……と、育ててくれる上司がいたらとってもラッキー。
「部下を育てる」という意識のある人がいてくれたら、仕事はうまくまわりだすし、全体としてパフォーマンスもあがるはず。

【5】その他、いろんな回答がありました

「トラブル対応がうまい。その場しのぎじゃない」

「部下に何かを指摘されても逆ギレしない」

「えこひいきしない」

「自分の時間も大切にするし、人の時間を大切にしてくれる」

「常に穏やかでいてくれる」

……このあたりはあれですね、きっと現在の上司の逆なのでしょうね。

「完璧な部下」が難しいように、「完璧な上司」であることも同じく難しいもの。
師走の忙しさを乗り切った新年からでも、心当たりがある方はこのあたりの項目を改善すると、全体としてよりよいパフォーマンスを生み出せそうですね!(榎本麻衣子)