5日、新浪体育によると、リオデジャネイロ五輪に参加する香港の選手が、現地の環境に満足感を示している。写真はリオデジャネイロ。

写真拡大

2016年8月5日、新浪体育によると、トイレの詰まりや停電などリオデジャネイロ五輪の施設をめぐってさまざまなトラブルが続出する中、香港の選手が現地の環境に満足感を示している。

「香港の城門川よりすがすがしい」と競技会場を絶賛するのは、ボート競技に出場する男子の趙顯臻(ジャオ・シエンジェン)。チームメートと競技会場を訪れた趙は「練習するまでは水質の悪さを心配していたのだけど…」と明かし、水面にごみが漂っていないことや悪臭がしないことに驚きの言葉を寄せた。また、女子競泳の選手も「生活も練習も問題ない。とても興奮しています」とコメント。卓球選手は「たまに起こるトイレの問題を除いては、競技場も選手村も環境は悪くない」と笑顔で語った。(翻訳・編集/野谷)