待ち合わせに遅れそう・早く来そうな都道府県 ダントツはやっぱりあそこ、だけど…?

写真拡大

待ち合わせをするとき、5分前到着を心がける人もいれば、毎回遅れる人もいますよね。そんな時間に対する考え方には、地域性は関係あるのでしょうか? そこでat home VOXは、待ち合わせ時間に関するイメージを全国にアンケート調査してみました。


まずは待ち合わせに遅れそうなイメージのある都道府県はどこか、みなさんがどう思っているのかを調べてみましょう。

写真や表がより大きく表示された記事をご覧いただけます

Q.待ち合わせの時間に遅れてきそうなイメージの都道府県はどこですか?

遅刻イメージ

沖縄県が53.3%でダントツ1位に!「やっぱり」という人も多いでしょう。その理由として「『沖縄時間』というものがあるとTVで見た」「噂を聞いた」という回答が多く、メディアなどを通して、沖縄県民は時間にゆるいイメージが付いているようです。

「沖縄時間」とは沖縄タイム、ウチナータイムともいい、ウチナーとは琉球語で沖縄を指します。南国沖縄独特のゆったりとした時間感覚のことで、細かいことは「なんくるないさ(なんとかなるさ)」と気にしない、沖縄県民のおおらかさがランキングにも反映されているのでしょう。待ち合わせ時間ちょうどに家を出るといったことも「沖縄あるある」なんだとか。ちなみに、沖縄県民の「沖縄県」への投票率は、なんと93.5%!自らも認めるということは、実態として待ち合わせに遅れてくる人が多いのかもしれませんね。

反対に、時間よりも早く来ていそうなイメージのある都道府県は、どこなのでしょうか。

Q.待ち合わせの時間に早く来ていそうなイメージの都道府県はどこですか?

早く来てそうなイメージの地域ランキング

なんと、先ほどの「遅れてきそう」なイメージ調査にランクインしていた北海道、青森、東京、大阪が、1位から4位を占めています。どうしてそう思うのか、北海道、青森、東京、大阪それぞれの「遅れてきそう」「早く来ていそう」、それぞれの理由を見てみましょう。

■北海道・青森・東京・大阪の「早く来ていそう」「遅れてきそう」な主な理由
主な理由リスト

北海道と青森は厳しい気候、東京は発達した交通網、大阪はそのキャラクターが、遅れる・早く来るどちらの要因にもなっていますね。

今回のアンケートでハッキリしたのは、待ち合わせに遅れてきそうな地域は沖縄、早く来そうな地域は東京という強いイメージがあること。一方、それ以外の地域では、県民性や環境によって「遅れてきそう」なイメージもあれば、「だからこそ逆に早く来そう」といったイメージもあって、人によってとらえ方はそれぞれのようです。

ちなみに、「早く来ていそう」な地域5位の京都の理由を見てみましょう。

「少し前に来て、じっとこちらを待っていそうな気がする」
「他人に厳しそうだから」
「待ち合わせ相手にさらっと嫌みを言いそうだから」
「早く来ておっとり待っていそうなイメージがあるから」
「京都イコール真面目というイメージ」

京都人と待ち合わせするときは、少し早めの到着を心がけるといいかもしれませんね……。

イラスト:タテノカズヒロ

<アンケート調査概要>
対象/対象/全国20〜59歳の男女1,457名(47都道府県各31名ずつ)
調査方法/インターネットリサーチ
調査時期/2016年5月
※アンケート内容の転載にあたりましては、「at home VOX 調べ」もしくは「アットホームボックス調べ」という表記をお使いください。