危険ドラッグの販売店を1年で壊滅 死の危険あるため暴力団は扱わず

ざっくり言うと

  • 東京の危険ドラッグ販売店が10日に摘発され、国内の販売店舗はゼロになった
  • 危険ドラッグは暴力団が商売にしておらず、半グレや素人が売っていたという
  • 死の危険があるため、暴力団は自分で体験できない危険ドラッグは売らない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング