千鳥・ノブが歌う“奇々怪々な歌”がネットで大バズり!?「ほんと頭おかしなるwwww」の声『テレビ千鳥』

写真拡大

千鳥(ノブ、大悟)が出演する『テレビ千鳥』(テレビ朝日系、毎週日曜22:25〜)が10月25日に放送。ノブが名曲に挑戦する中、ラストには急展開を迎えた。

昨年8月、米津玄師の「Lemon」を披露するべくレッスンを受けたが失敗。そのリベンジとして瑛人の「香水」を歌うことになった。本番のステージには、博多大吉、麒麟・川島明、小島瑠璃子が見届け人として登場。今回は後編となる。

語り口調の感覚を掴むため、吉幾三の恰好をして「Dream」を歌うことに。しかし、何度練習してもなぜかノブは「住みなれた」「我が家に(を)」の間に一拍置いてしまうクセが抜けきれない。そんな彼に、スタジオは爆笑。歌をレッスンしてほしいのに、別のところでつまづくノブに対し、大悟は「吉のいつバージョン?」「住み慣れてないやん!」とツッコミを入れた。

講師によると「ガッパーナ」の部分は、ツッコミの「なんやこれ!」の勢いで言うと良いらしい。練習で「ガッパーなんやこれ!」を歌うことにしたのだが、大悟がノブの股間をモッコリさせ「なんやこれ!」を言わせることに。いざ、ノブが実演すると、大悟は倒れこんで大笑いした。このほか、講師のアドバイスを独自に解釈した大悟が、ノブを裸にさせパンツを食いこませて歌わせたり、ラッパーにさせたりと指示。しかし、笑いがとれない件もあり、ノブは「ワヤスベリ!」「スタッフ総替えした?」と嘆いた。

彼の1時間半のレッスンを見届けたスタジオでは「(「Lemon」に続いて)2回の裏切りはない」と念押し。大吉は「遊びの部分が多くて、実質レッスンは8分くらいだと思う」とツッコミを入れつつ「期待している」とした。

いよいよ本番。歌披露に向けて1か月半練習してきたノブは、レッスン通り「香水」をしっとりと歌い上げた。しかし、スタジオは無反応。ノブが「矢継ぎ早にしゃべれ!」と怒りを露わにすると、大吉が「漫才に飽きた師匠がイベントでやること」とバッサリ。川島も「二度と聞きたくない……」とぶつけた。ノブの「Lemon」はインターネット上でバズったが、今回はどうディスればいいのか分からず、可もなく不可もないため「白ご飯」と例えた。

このままでは終われないと、吉の恰好をして「Dream」を歌うようリクエスト。ここでも、一拍置いて歌ってしまうノブ。「頭おかしなる!」「何で急がないの?」とツッコミが入りつつ、一拍を置いたことで、歌詞が入りきらないことから「『我が家に』の借金が」と大笑いした。

二度目の挑戦でも、一拍おいてしまうものの、ギリギリ歌詞が入らないくらいまで急ぐと「惜しかった!」とノブ。大悟は冷静に「(歌詞が)入るか入らんかのゲームじゃないのよ!」と訴えていた。

ネット上では、ノブが熱唱した歌について「ほんと頭おかしなるwwww」「住み慣れてないノブを思い出しながらこの1週間乗り切れる笑笑」「なんやこれはこっちのセリフよw」といった声があった。

次回は11月1日に放送。大悟の秋・冬服を探すロケに出る。