死刑が確定していた88歳の男 肺炎のため東京拘置所内で死亡

ざっくり言うと

  • 強盗殺人などの罪で死刑が確定していた88歳の死刑囚の男
  • 2018年から、収容されていた東京拘置所内で肺炎の治療を受けていた
  • 20年10月16日夜に容体が悪化し、17日午前0時45分に死亡した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x