まるで喪服みたい…。モテが遠のく「NGな体型カバーコーデ」とは

写真拡大

体型に自信がないと、洋服で体型をカバーしがちですよね。しかし、男性からすると、体型よりもコーデのダサさが気になってしまうという場合もあります。今回は、モテが遠のく「NGな体型カバーコーデ」を4つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(1)オールブラック

『ずっしり重量感が増してる気がする』(28歳/飲食)黒色は引き締め効果があり、体型を細く見せてくれるというのは、女性の間では常識ですよね。しかし、その効果を過信しすぎて全身真っ黒でまとめるコーデは、男性からすると喪服のように見えてしまいます。オールブラックコーデと言いつつも、黒しか使わないのではなく、差し色となる小物をうまく使って、視線を集めさせるのがポイントですよ。

(2)ロングスカート

『どすこい系ですね!(笑)』(25歳/営業)ロングスカートは、近年の流行でもありますし、下半身にコンプレックスがある方にとっては、かなり重宝するアイテムです。お腹周りが気になるという女性は、お腹の大きさがそのまま足下まで反映されてしまうので、逆効果。お腹周りのカバーには、トップスや羽織ものを取り入れるようにしましょう。

(3)ゆったりしたワンピース

『寸胴にみえるし、お腹苦しいの嫌なのかなって』(30歳/製造)全身を一気にカバーしてくれる万能アイテムといえば、ワンピースですよね。ここでも、ブラックなどの暗い色をチョイスすると、喪服のように暗い印象になってしまうので避けましょう。ちなみに、縦ラインを強調するには、ストライプ柄を取り入れたり、下にスキニーなどを穿いたりするのがおすすめです。

(4)ロングカーディガン

『後ろ姿がずんぐりむっくり』(27歳/SE)体型をカバーするワイドパンツやワンピースなどのアイテムに、ロングカーディガンを合わせてしまうと、全体的に重く暗い印象になってしまいますよね。コーディネートはバランスが大切です。ロングカーディガンの中は、すっきりとしたインナーやボトムスを選びましょう。体型のコンプレックスは、ほとんどの女性が持つ悩みですよね。気になる部分を隠すことだけに意識が行き、コーデ全体がダサくなっていては元も子もありません。今回紹介したポイントに注意して、体型カバーもモテも諦めず、いいとこ取りをしましょう。(恋愛jp編集部)