彼氏のおうちに招かれるということは、距離が縮まった証拠。

ただし、プライベートに足を踏み入れるからこそ、注意も必要です。

ふとした行動が、幻滅するきっかけになってしまうことも……。

そこで今回は、彼氏が途切れない女性のモテ振る舞いを参考に、彼氏のおうちに初訪問するときの注意点をまとめました。

靴を揃えて部屋に入る

ふとした仕草から、育ちの良さやガサツさは表れるもの……。

かしこまり過ぎる必要はありませんが、「行儀が悪い」「ガサツ」と思われる振る舞いに、男性はがっかりしてしまいます。

まずは、当たり前と言えば当たり前ですが、家に入るときは靴を揃え、しっかりしている印象を付けましょう。

その際には、彼の靴も黙ってスッと揃えるとよりポイントアップ!

じつはこの、さり気ない振る舞い、筆者の周りのモテ女子はみんな実行しているようですよ。

詮索厳禁、冷蔵庫にも要注意

ベッドの下や、引き出し、アルバムなど……彼の部屋のなかが気になるのは当然のこと。

でも、どんなに気になってもあれこれ詮索するのはNGです。

いくら恋人とはいえ、家の中をあれこれと詮索されるのは嫌なもの……。

家に招くことを、警戒してしまうかもしれません。

飾ってある写真や本が気になったときは「これ見てもいい?」と断って、OKをもらってからにしましょう。

間違っても、勝手に引き出しやクローゼットを開けるのは厳禁です。

あと冷蔵庫を開けるのも控えておきたいところ。

開けるよう頼まれても、「開けて大丈夫?」と聞くのがマナー。

どれも当たり前のことですが、距離感が近くなるにつれて、つい忘れてしまいがちなことなので、注意しておきましょう。

くつろぎ過ぎない

家だからといって、くつろぎ過ぎてだらしない姿を見せてしまうのは避けるべきでしょう。

特に付き合い始めのうちは、彼女の気飾らない姿は見たくても、だらしない姿は見たくないもの……。

あぐらはかかない、寝そべったまま飲み食いしない、だらけ過ぎないように注意しましょう。

彼の部屋での過ごし方をチェックして、くつろぎ方を合わせると失敗しないはずです。

長居しない

もし、彼のほうからお泊まりを誘ってくるのであれば別ですが、基本的には初訪問の際は、長居せず、こちらから帰宅を切り出すのが正解。

お昼からであれば夕方に、夜からであれば終電までには「そろそろ帰ろうかな」と切り出してみてください。

一緒にいたい気持ちもあると思いますが、あえて「もうちょっと一緒にいたかったな」と思わせる行動が、あなたに夢中になるきっかけとなるはずです。

おわりに

彼氏が途切れないモテ女性は、気遣い上手。

彼の家に行くときには、彼が喜ぶ差し入れを持っていくのも好印象。

飲みものやお菓子など、気軽に受け取れるものがおすすめですよ。

お酒が好き、甘いものが好き、など事前の会話で彼の好みをリサーチしておきましょう。

それにしても、筆者のこれまでを振り返ってみると、今回紹介した5つの行動と真逆なことをしていました(笑)。

距離が縮まるチャンスを自らの行動で失ってしまうと、後悔が残るもの……。

みなさんも筆者のような失敗をしないように、ご注意くださいませ!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)