高倉健さん

写真拡大 (全2枚)

高倉健」実妹が嘆く「非情の相続人」の肉親排除(1/3)

 高倉健の死から5年。唯一の子として遺産を総取りしてきた養女がついに手記を出版した。もっとも、肉親を徹底排除してきた理由や健さんが大事にした水子地蔵を破壊した理由にも触れずじまい。健さんの実妹ら血縁者や「チーム高倉」の面々は悲しみ嘆くのだった。

 ***

【写真】高倉健の“終の住処”に養女が大豪邸を建築

 過去の偉業を称える叙勲の季節がやってきて、たとえ他の誰かであっても、その来し方に思いを馳せる場面は少なくないだろう。

 高倉健(本名:小田剛一)が俳優として4人目となる文化勲章を受けたのが6年前の秋なら、鬼籍に入ったのもまた、その1年後の11月10日だった。

高倉健さん

 あれから5年の歳月が流れた。その間、「健さん」に関するエピソードの中でみなが虚を衝かれたのは、「すべてを相続した元女優の養女がいた」という事実ではなかったか。

 彼女は2013年5月1日に健さんと養子縁組をし、「小田貴(たか)」となった。結果、唯一の子として預貯金や不動産を相続。他方、血縁者に遺骨と正式に対面させないなど、極端な排斥主義を奉じてもきた。

 その無慈悲とも言える振る舞いについては追い追い述べるが、彼女は55歳となった今年、10月30日付で『高倉健、その愛。』を上梓。著書の帯には、“人知れず2人で暮らした17年の日々。孤高の映画俳優が最後に愛した女性による初めての手記”とある。

著書の帯には、“人知れず2人で暮らした17年の日々。孤高の映画俳優が最後に愛した女性による初めての手記”とある

 このほど、歳月を経たというわけなのか、「小田貴月(たか)」を名乗るようになった養女は、発売前からワイドショーをはしご。カメラのアングルから表情は窺えないものの、肉声に加工は施されておらず、栗色のショートヘアに着物の装いでインタビューに答える姿がそこにあった。著書執筆のきっかけは健さんが亡くなる2年前、

〈僕のこと、書き残してね。僕のこと一番知ってるの、貴だから〉

 そう言われたことだったと本書にある。彼女はそれを宿題と呼び、1996年、香港のホテルでの突然の出会いから繙(ひもと)いていく。その暫く後から、彼女は健さんの東京・世田谷の豪邸で起居を共にし、身の回りの世話をするようになった。

 健さんは4人きょうだいの2番目で、兄と上の妹はすでに物故したが、一番下の妹である森敏子さん(84)は九州在住。そして彼女を含む健さん以外のきょうだいには、それぞれ2人ずつ子供がいる。すなわち、健さんから見れば甥や姪にあたる人たちで、彼がことに目をかけ、日を空けることなく連絡を取り合ってきた親族だ。他ならぬ敏子さんご本人に聞くと、困った様子で、

「“亡くなったら書いてくれよ”と、兄は言わないと思うんですよ……」

 とこぼす。あるいは、健さんの24時間をサポートし、全てを捧げてきた「チーム高倉」で重きを成していた一人もまた、

「知り合いから“健さんの本が出てたよ”って聞いたから、それで立ち読みしたんです。(大事なことは何も)書いてない。なぜ、出したのか……。あれだけ、健さん、ガードしていたのに、いろんなことを。それを、喋るのが、一番(イヤに違いないのに)」

 そんな風に、敏子さんに同調するのだった。

 著書には、健さんが口にした食事の献立の詳細はあっても、死の僅か1年前に突如、養女になった経緯は記されない。健さんにとって最後の女性だったはずなのに、なぜ妻として入籍せず、養女だったのかも謎のままだ。健さんの滑舌の自主トレ場面は詳しいけれど、奇怪な“密葬”の場面は1行もない。離婚した江利チエミを語る健さんは登場しても、江利との間の水子を祀る墓が健さん没後に更地となった事実も理由も明かされない。

 人生は選択の連続で、何か一つを選ぶということは一つを捨てることになるわけだから、綴られない理由を詮索するのは無意味かもしれない。とはいえ、誰かの言うように「大事なことは語られない言葉の中にある」ということもある。以下、この5年の間に漏れてきた「声なき声」に耳を傾けていくことにしよう。

〈口を噤んで〉

〈故人の遺志に従い、すでに近親者にて密葬を執り行いました〉

 と所属事務所「高倉プロモーション」が公表したのは、14年11月18日のことだった。もっとも密葬は12日、東京・渋谷区内の代々幡斎場で営まれている。

 プライベートは厚いベールに包まれ続けた健さんのことだから、その死が暫くのあいだ秘匿されたとしても不思議ではない。もっとも、死去の事実のみならず密葬の存在自体を、敏子さんはじめ血の繋がった親族が察知したのは、まさにその密葬中だったのだ。

 彼らに代わって、密葬に列席を許された人物は、島谷能成・東宝社長、岡田裕介・東映会長、田中節夫・元警察庁長官、老川祥一・読売新聞グループ会長、そして今年物故した降旗康男監督の5名である。

 煎じ詰めると、“身内”と呼べるのは、血の繋がらない養女ひとりだった。近親者と事務所が言う割には、健さんが弟分として可愛がった小林稔侍の名はない。話し相手となったり、幾台もの名車の管理をしてきた「チーム高倉」の男たちの名もない。逆に、過去の因縁から、健さんと絶縁状態だったはずの岡田会長は出席するという、何とも奇怪な密葬だった。

「死に顔にも会わせてくれなかったという事実があったわけです」

 と、敏子さん。その後も遺骨との対面さえ叶わない血縁者に対し、養女側は弁護士を通じ、このようなメッセージを伝達している。

〈没後の処置について、すべて高倉の意向に従ったまでだ。密葬で済ませ、戒名は不要、四十九日をするつもりがなく、鎌倉霊園の墓地にも入らず、散骨することになる。すべて高倉本人の考えだ〉

〈自分は高倉が病気になってからほとんど寝ていない。高倉健とは生涯現役で、撮影現場以外の姿を見せてはならない存在である。小田剛一である前に、高倉健であった。自分はそれを守るためにたった1人で、発病以来、ずっと奮闘してきた。いや、高倉と交際して以来、ずっとそうだった。そしてそれをやり遂げた〉

〈亡くなってからも守るべきものとは、高倉のプライバシーである。避けなければいけないのは、養女という存在をスキャンダラスに暴露されることである。親族との確執があるとか、交際を興味本位に捉えられるのを避けなければならない。にもかかわらず、すでにそのような動きがある〉

〈高倉健を守るために自分は孤軍奮闘していることを理解してほしい。親族サイドから、おかしな話がマスコミに出回らないように口を噤んで頂きたい〉

 敏子さんは当時のことを、

「私たちは何も外部に話していないのに、“口を噤んでくれ”と。そのような物言いは親にもされたことがありません。兄の死だけではなく、そんなこんなで本当に落ち込んでいる時に、東京にいるある方から、“霧は絶対晴れるからね。晴れない霧はないから”とメッセージを頂きました。その一言で立ち直ることができたのです」

 そう振り返る。養女は、

〈今後、どうしてもということであれば、面談する機会を設けてもいい。ただ、体力的にきついので1時間程度で〉

 などとも訴えたその口を半ば拭う恰好で、「週刊文春」誌上において、自身の存在を明かしている。“口を噤んで”発言のすぐ後、14年の年末のことで、今回の手記に連なるものだった。

(2)へつづく

「週刊新潮」2019年11月14日号 掲載