チューブ誤挿入後に患者が死亡 病院と遺族の間で示談が成立

ざっくり言うと

  • 三重の病院で2016年、チューブを食道に誤挿入された患者が、翌日に死亡した
  • 8月、病院と遺族の間で示談が成立し、病院は賠償金300万円を支払ったという
  • 司法解剖の結果、死因は結核だったため、病院は公表していなかったとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x