いちばん習得するのが難しい言語は? 英語を母国語にする人にとって

写真拡大

英語を母国語にする人にとって習得しやすい言語は何なのか? もしくは難しい言語は何なのか、一目でわかる図が海外で話題になっている。

「what are the hardest languages to learn?」(学ぶのにもっとも難しい言語は何?)
という図によれば、中国語、アラビア語、日本語、韓国語がもっとも習得するのが難しいという。

それでは、彼らにとって、簡単な言語、普通の言語、難しい言語とは何なのか、リスト化したので見てほしい。

<簡単>

スペイン語・・・・329,000,000
ポルトガル語・・178,000,000
フランス語・・・・・67,800,000
イタリア語・・・・・61,700,000
ルーマニア語・・ 23,400,000
オランダ語・・・・・21,700,000
スウェーデン語・・ 8,300,000
アフリカーンス語・ 4,900,000
ノルウェー語・・・・ 4,600,000

<普通>

ヒンディー語・・・182,000,000
ロシア語・・・・・ 144,000,000
ベトナム語・・・・ 68,600,000
トルコ語・・・・・・・50,800,000
ポーランド語・・・・40,000,000
タイ語・・・・・・・・・20,400,000
セルビア語・・・・・16,400,000
ギリシャ語・・・・・ 13,100,000
ヘブライ語・・・・・・・5,300,000
(イスラエル)
フィンランド語・・・・・5,000,000

<難しい>

中国語・・・・1,200,000,000
アラビア語・・・221,000,000
日本語・・・・・・122,000,000
韓国語・・・・・・・66,300,000

※右の数字はその言語を話す人の数

なお、日本語が難しい理由は、数千の文字を覚える必要があり、平仮名、片仮名、漢字の3種類と2種類の五十音図がより一層、習得するのに難しくしているとのこと。

また、日本語(その他3つの言語を含)を習得するには、2200回講義(616日間)を受ければ習得は可能のようだ(本当か!?)。

参照元:voxy.com

■関連記事