「ワイルド・スピード」出演者同士がネットバトル

写真拡大

女優のジョーダナ・ブリュースターは、「ワイルド・スピード」シリーズの共演者であるタイリース・ギブソンとドウェイン・ジョンソンのインスタグラム上での口論を“観戦”しているそうだ。

ドウェインとジェイソン・ステイサム主演の同シリーズスピンオフ作が2019年に公開されることで、シリーズ第9作目の公開が2020年まで先延ばしにされたことについて、タイリースがドウェインを非難したことには「驚いた」というジョーダナ。どちらかの味方をするわけではないものの、ネット上のやりとりには見入ってしまったそうだ。

ジョーダナはUsウィークリー誌に次のように語っている。

「私もその喧嘩をインスタグラムで追ってるわ。結局のところ、私たちはみんな家族みたいなものだから、一緒に仕事をするのが大好きなの。だから最終的にはことが収まることを願っているけど、今は私もみんなと同様、見ているだけ。ただ面白いもの」

ドウェインのスピンオフ作が発表された際、タイリースは次のような批判コメントを投稿していた。

「ドウェイン・ジョンソン、お前についての『ワイルド・スピード』の製作決定おめでとう。頼まれてもこの投稿は削除しないからな」
「『ワイルド・スピード』のファミリーじゃないか。ドウェイン・チームになってるんだから、3年も待つ意味あるのかな?(ジェイソン演じる)ショウがいなくて(ドウェインの)ホブスだけになったら、『ベイウォッチ』続編ってことじゃないか?」

そんな苛立ちを込めたコメントの一方で、米ゴシップサイト・TMZからのインタビューでタイリースは「みんな俺がスピンオフのことでドウェインのことを嫌っているって言ってくるけど、そういうことじゃないんだ。ただ違う時期に公開してくれれば良かったのにっていうだけだよ。彼のせいで俺たちの公開日が遅延されたわけだからね。ドウェインが自分勝手な様子で、自分の興味あることだけに目を向けているような態度が気に入らないだけだ。それってひどすぎだからな」と答えていた。