iPhone 8用とされるケースが『Twitter』で公開されました。その形を元に、iPhone 8がどんな特徴を備えるのかをまとめました。

保護ケースから分かるiPhone 8の特徴

iPhone 8用とされる保護ケースの写真を公開したのは@kksneakleaksです。

背面左上に縦長の穴が空いていますが、これはiPhone 8のiSightカメラ用の穴でしょう。

iPhone 8では本体を縦に持った際、iSightカメラの2つのレンズが地面に垂直な形で縦に並ぶと噂されていますが、その特徴と一致します。
→ iPhone 8は『iPhone 4』似、iSightカメラが縦型になる理由は・・・

左右の側面には音量調整ボタン・ロック(電源)ボタン用の穴があります。

音量調整ボタン用の穴の上に、サイレントモードをオン・オフするスイッチ用の穴らしきものが見えますが、実際に穴が空いているのかは分かりません。

底部にスピーカー・マイク用の穴と、Lightningポート用の切り込みが設けられています。

背面の中央には穴がないので、Touch IDセンサーが背面に搭載されることは想定していないようです。

どんな情報を元に制作されたものなのかは不明ですが、以前ご紹介したiPhone 8がピッタリと収まりそうなケースです。
→ iPhone 8のデザインはコレで決まり? リークを元にしたCGが公開
→ iPhone 8の試作モデルが工場から流出、金属フレームが特徴

iPhone 8の製造に使う金型が流出?

@VenyaGeskin1はiPhone 8のものと思われる金型を公開しました。1枚目の写真は金型の設計図らしきもの、2枚目と3枚目の写真は金型を写しています。

iSightカメラの穴と思われる部分は先ほどのケースと同じく背面左上にあり、その形は縦長になっています。

いずれの写真も真偽ははっきりしていません。本物のiPhone 8を製造するための金型ではなく、噂を元に制作した模型・ケースの金型という可能性も考えられます。

参考

@kksneakleaks - Twitter@VenyaGeskin1 - Twitter