2日、韓国の朴槿恵大統領の親友で、国政に介入した疑惑などで検察で取り調べを受けている崔順実氏をめぐり、韓国のSNSなどで「替え玉説」が持ち上がっている。資料写真。

写真拡大

2016年11月2日、韓国・ヘラルド経済によると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友で、国政に介入した疑惑などで検察で取り調べを受けている崔順実(チェ・スンシル)氏をめぐり、韓国のSNSなどで「替え玉説」が持ち上がっている。

崔氏がソウル地方検察庁に出頭して以降、取り調べが3日目に入った2日、ネットでは「崔順実の外見が11月1日を境に多少変わって見える。代役の可能性がある」との声が広がっている。ネットユーザーらは、検察での取り調べを受ける過程で撮影された写真の中の崔氏が、以前から報道などで知られていた姿と異なり、しわがほとんどなく髪の量が多い点などに注目しているという。また最近、韓国メディアのインタビューに答えた崔氏の姿と比べても、肌の色や目つき、鼻筋が微妙に違うなどの指摘も上がっている。

韓国国民のほとんどはこうした主張を信ぴょう性のない「うわさ」と認識しているというが、「こんなうわさが出ること自体が、検察が国民の信頼を失ったことの表れ」と、検察のずさんな捜査に憤慨する声も出ている。韓国検察は10月30日に崔氏が帰国したことを認識しながらも、崔氏の健康状態などを考慮し速やかに身柄を確保しなかったことなどで、国民から批判を浴びていた。

今回の報道を受け、韓国のネットユーザーは「鼻が1日であんなに高くなるわけがない。1日でかなり若返った」「写真で見比べるとどう見ても別人だ」「ほんとだ、代役っぽい。心がズタズタだよ…」「目つきは全然違うね。ドイツから帰国してないんじゃないか?」「誰が見たって違い過ぎる」「全国民にもう知れ渡ってる顔なのに、いまさらのようにマスクをしたのが怪しい。今後、マスクなしで出てきたら認めてやろう」など、替え玉説を後押しするコメントを多数寄せている。

他には、「もし替え玉だったら本当に狂った国」「事実ならこの国を離れたい。マジで」「代役はいくらもらえるんだろう?」「替え玉なのかどうか明らかにして!」「どん底の信頼を回復したいならちゃんとやってくれ」などのコメントもあった。(翻訳・編集/吉金)