女性とのデート「駅で待ち合わせ」を絶対にやってはいけない理由

写真拡大

―[結婚につながる恋のはじめ方]―

 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

 今回は「絶対女性が虜になる、デートプランの立て方」についてお伝えします。

◆デートは最初が肝心なワケ

 今やアプリや結婚相談所での出会いは20〜30代を中心に当たり前になってきました。自分の友人からの紹介ではない人と出会い関係を作っていく上で、ファーストコンタクトからどのようにデートをしていくか?

 3回目までのデートプランが明暗をわけるといっても過言ではありません。

 しかし、男性は2回、3回とデートを重ねるにつれ、「早くこの人を手に入れたい」という焦りだけが先行し、大切な細かいプロセスを見落としがちです。

 重要なのは女性が男性の何を見ているのか? 女性は素敵なサプライズでの告白よりもデートの中で伝わる細かい行動や気遣いのほうが嬉しいもの。まさしく結論型の男性にはわからないプロセス型の女性の心理です。

◆デートのプランを考える際に大切なこと

 デートで重要なこととしてまず頭に思い浮かぶのは、「どのお店に行くか?」「どんなプランなのか?」。それはもちろん重要ですが、実は待ち合わせ方が他の男性と差をつけるには重要です。私は「待ち合わせの大切」を認識してもらいたいと考えています。

 今までみなさんはどんな待ち合わせをしてきましたか? 多くの男性はデートプランを考える際、どこに行き、何をし、どんな会話をしようか……頭を悩ませるはず。

 しかし、「何をするか」よりも「女性の地雷を踏まないために何をしないのか」のほうが実は大切です。そのためにも毎回の2人だけのルーティンを作ることが鍵になります。

◆もっともNGなのは「駅の改札」

 もっとも地雷を踏みやすい待ち合わせ方法は、駅の改札で待ち合わせをすること。デート場所の駅が変わるたびに待ち合わせ場所が変わり、出口が多い駅だと遠回りになってしまったりするので、オススメできません。

 さらに駅でのデートの待ち合わせは首都圏の人なら慣れていますが、地方の方は慣れていない可能性もあるので駅の改札での待ち合わせはやめましょう。

 私がオススメしている待ち合わせ方法はカフェでの待ち合わせです。「ありきたり」だと感じる人もいるかもしれませんが、女性なら誰もが喜ぶテクニックをお伝えするので最後まで読んでくださいね。

◆「カフェで待ち合わせ」のメリット

 カフェでの待ち合わせの利点は女性が早く着いたとしても仕事をしたり、本を読んだりスマホを見たりしてのんびり過ごすことができるという点です。

 さらに待ち合わせして、軽くお茶をしてからお食事に行くことができるので、アイスブレイクになるのです。アイスブレイクとは、初対面の人や場所で緊張をほぐすための時間をつくる手法になります。

 いきなり食事よりも、食事の時間に緊張せず楽しい時間を過ごすことができます。さらにいつも同じお見合いでの待ち合わせという2人だけのルーティンができると、合言葉のように「じゃあ、いつものカフェで待ち合わせしよう」と共通言語が生まれます。

 2人の共通言語ができるのは、2人の距離を縮めるためにはとてもオススメです。

◆もう一押し、女性の心を掴むには…

 最後にオススメしたいこと、それはミニサプライズです。同じカフェで待ち合わせをするルーティンができたら、そのカフェで使えるドリンク券やチャージしたカードをプレゼントしましょう。

 スタバカードやドトールカードなど大手のチェーン店などで出ているプレゼント用のカードなどに1000〜3000円ほどチャージし、プレゼントする。これは私の周りにいる女性全員が嬉しいと答えた気遣いの方法です。

「ここで待ち合わせすることが多いから、これを使って」とお渡ししてみましょう。その心遣いに女性は「とても大切にされているな」と感じるはずです。

◆出会って間もない時期こそ「手際のよさ」が重要

 待ち合わせはデートプランを考えるときにほとんどの人が気にせず、適当になってしまうところ。しかし、まだ緊張感のある、出会ってから5回以内のお出かけの際は待ち合わせの手際が悪いだけで、その後の時間のテンションが変わります。

 ほかの人が気にしないひと手間をかけてあげる気遣いが女性にとって嬉しいのです。ぜひ参考にしてみてください。

―[結婚につながる恋のはじめ方]―

【山本早織】
1985年、東京生まれ。アイドル、銀座のホステスなどを経て、現在は恋愛コンサルタントとして結婚したい男女に向けて情報や出会いの場を提供する。メルマガ「結婚につながる恋のコンサルタント山本早織があなたの恋のお悩み解決し、最高の結婚生活の作り方も教えます」が配信中。公式ホームページ「結婚につながる恋のコンサルタント 山本早織」