「家飲み」事情の実態、20〜30代男女のお酒好き3000人超に調査

写真拡大 (全3枚)

リカー・イノベーションは、2020年7月4(土)〜5日(日)に「家飲み」に関するインターネット自主調査を実施し、3,381件の回答を集めた。
対象は全国在住の 20代以上であり、同社が運営するお酒のオンラインストア「KURAND」、直営店の「KURAND SAKE MARKET」、「SHUGAR MARKET」のメールマガジン会員および公式Twitter経由のモニターで実施された。

■発泡系のお酒を好む理由は?
調査結果によると、
・家飲み時間の増加
・頻度は2〜3日に1回が多い
・約半数はオンライン飲み会を実施したことがある
などの傾向が見られた。

家飲み・オンライン飲み会ともに
・チューハイ・サワー
・ビール
・日本酒
などの種類の酒が人気だった。

ビールや炭酸、スパークリングなど発泡系のお酒を好む理由としては、
・のど越し
・爽快感を楽しみたい
・飲みやすい
・夏っぽい
などが多くあげられた。

■KURAND - 出典

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・M84収蔵作品展「Edward SteichenのEleonore Duseなど」開催へ【Art Gallery M84】
・A4クリアファイルのフェイスシールド、フェイスシールド用フレーム「Face Tech」を供給へ
・完全ノンアルコールバー「0%」が六本木にオープン!朝から楽しめる新ジャンルのバー
・東京ディズニーランド時間帯別の混雑エリア
・消毒用アルコール、電机本舗が市販のお酒でつくる方法を公開