大阪の病院で女性患者が死亡 痛み止めのモルヒネ過剰投与が死因か

ざっくり言うと

  • 大阪府結核予防会大阪病院で、末期の肺がんで入院していた患者の70歳女性
  • 10月、痛み止めのモルヒネを過剰投与された後に死亡した
  • 警察は投与ミスが原因とみて、業務上過失致死容疑で調べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング