シリア・ダマスカス近郊のマアルーラ村で、アラム語を読むジョージ・ザアルールさん(2019年5月13日撮影)。(c)LOUAI BESHARA / AFP

写真拡大

【AFP=時事】ジョージ・ザアルール(George Zaarour)さん(62)は拡大鏡を手に覆いかぶさるようにして、イエス・キリスト(Jesus Christ)が使っていた言葉であるアラム語で書かれた分厚い本を解読する。山あいにあるザアルールさんが住む村では、かつてアラム語が広く使われていた。だが、今では消えつつあり、アラム語が分かる人はごくわずかになった。

 古代セム語に属するアラム語は、紀元後の初期に中東で広まったが、その起源は紀元前10世紀にまでさかのぼる。シリア北東部では、アラム語から派生したシリア語が今でも使われている。また、古代語の専門家ジャンバプティスト・ヨン(Jean-Baptiste Yon)氏によれば、古代アラム語を起源とする方言は今もトルコやイラク北部など中東各地で使用されているという。

 ザアルールさんが住むマアルーラ(Maalula)村はアラム語で「入り口」を意味し、アラム語を話すシリアの首都ダマスカス周辺の三つの村の中で最も知られている。アラム語は、世界最古のキリスト教徒定住地の一つであるマアルーラで2000年以上もの間、使われてきた。だが、シリア国内にいる専門家の数は減り続けており、今ではザアルールさんを含めて数えるほどしか残っていない。

「こうした状況が続けば、アラム語は5〜10年以内に消えてしまうだろう」と、ザアルールさんは危機感を募らせる。

 今日、「マアルーラの住民の80%はアラム語を話さず、アラム語を話す残りの20%は60歳を超えている」と専門家は指摘する。

 この村にはかつて、宗教的建造物を見学したり、通りで話されるアラム語を聞いたりするため世界中から巡礼者が訪れていた。

 だが、2011年にシリア内戦が勃発したことですべてが変わった。

 2013年後半、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系反政府組織とイスラム武装勢力がマアルーラを掌握。キリスト教徒である住民の大半が家を追われた。政府軍は2014年4月、7か月ぶりに村を奪還した。だが、村長によると、内戦前は6000人以上いた村民のうち2000人しか戻ってきていないという。

 マアルーラの住民の多くは、村から55キロほど離れたダマスカスや外国に避難した。「ダマスカスやその他の地域などマアルーラ以外で生まれた戦争世代は、まずアラビア語を学ぶ」とザアルールさんは話す。

■「父から息子へ」

 マアルーラでは、多くの家々が空き家のままになっている。

 教会や修道院の中には、略奪されたり砲撃によって損傷したりしたものもあり、聖像は破壊や盗難の被害に遭った。

 村の唯一の幼稚園は内戦勃発後、児童の数が激減した。経営者によると、2010年に100人を超えた入園者の数は、2019年にはわずか30人未満にまで落ち込んだ。

 古代言語を継承するため、この幼稚園では毎日アラム語の授業を行っている。

 教師のアントワネット・モク(Antoinette Mokh)さんは、「マアルーラのアラム語は、父から息子へと受け継がれる…故郷の言語だ。何物にも代えられない」と語った。

【翻訳編集】AFPBB News