「NHK紅白歌合戦」で代表曲「トリセツ」を歌い上げた西野カナ(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 人気歌手の西野カナ(29)が2月の横浜アリーナ公演を最後に、無期限の活動休止に入ることを8日に公式サイトで発表した件。9年連続出場となったNHK紅白で、代表曲「トリセツ」を歌い上げたわずか1週間後というタイミングに、波紋が広がっている。

担当マネと同棲の西野カナ SNSで剥がされる歌姫の私生活

 ネット上では、活動停止を惜しむファンの声が上がる一方、「何があったんやー」「歌唱力劣化してたからな」「お祝いしてやれ、出来ちゃったんだよきっと」「妊娠カナ?」などと、その理由を臆測する書き込みも多数。芸能評論家の肥留間正明氏はこう言う。

「いろいろ言われているようですが、こういう場合、独立騒動とか、事務所とのトラブルとか、何らかの内部的な揉め事が背後にあるケースが多いですね。2月のライブ終了後に活動停止ということですが、彼女クラスなら、普通は1年先まで予定が入っているはずです。キャンセルできるものはすべてして、それだけを残したということじゃないですか」

 西野は、3年前の2016年11月に、「FLASH」で所属する事務所の自身の担当マネジャーA氏と仲むつまじく“半同棲”する姿が報じられている。

 業界的にタレントとマネジャーの交際はタブーとされるが、当時の記述では、西野はこの海老蔵似のイケメンA氏にメロメロだとある。

 今回の活動休止にこの件は関係しているのか、所属事務所に活動休止の理由を尋ねたが「HPに書かれていることがすべてですので、それ以上はお答えすることはできません」(担当者)と言葉少なだ。

 その後、A氏との交際が継続していたかは分からないが、幼いころに両親が離婚し、美容院で働く母親に女手ひとつで育てられた西野は、温かい家庭への憧れもあったのだろうか。

 真相は不明のままだが、ファンはモヤモヤしたままだ。