小2刺傷の罪に問われた同級生の母「確かに刺したが記憶ない」

ざっくり言うと

  • 奈良県で小2女児を刺したとして殺人未遂の罪に問われた女児の同級生の母親
  • 20日に開かれた初公判では終始無表情で、起訴内容を一部否認した
  • 「確かに刃物で刺したが、刺した記憶と殺意はない」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング